先日おもちゃコーナーのビフォーをご覧いただきましたが、こちらですね。


 

暮らしも人もシンプルに幸せに


 

 

そんなに散らかっていませんが、おもちゃコーナーとして、形ができていないから

 

ただ、出したおもちゃは、カゴにしまうという感じになっていますね。

 

 

そのカゴの置き場所もはっきり決まっていないようですね。

 

 

 

 

大人も子供も置き場所がおおまかにでも決まっていたら、

 

片付けやすいというか、片付け方がわかりますよね

 

 

で、この場合、本棚とおもちゃの棚が離れているから、まとまったスッキリ感がなく、

 

 

あっちに片付け、こっちに片付け、ちょっと面倒な感じもしますね。

 

 

 

 

洋服ケースとおもちゃの棚を入れ替えようと思っていましたら、

 

お客様が洋服ケースは他のお部屋でも大丈夫です!ということでしたので、

 

 

こちらの記事 でお伝えしましたが、ケースを移動しましたので、

 

 

このお部屋は、とてもスッキリとかわいいおもちゃコーナーができました♪

 

 

 

 

 

暮らしも人もシンプルに幸せに

 

 

 

 

暮らしも人もシンプルに幸せに

 

 

 

おもちゃコーナーは、色はシンプルにせずに、赤や青や緑、いろんな色があると

 

 

 

それだけで楽しくて元気になれそうですね。

 

 

色のゴチャゴチャはいいと思いますよ。

 

 

 

本はぎっしり入っていますが、取りやすいように指が入る余裕は持たせてあります。

 

本がたくさんありましたので、お母様に、こちらに置きたい本を厳選していただき、

 

残りは、いつでも入れ替えられる場所に収納しています。

 

 

 

お子様はまだまだ小さいから、どの箱やカゴでもしまえたら良しとしたらいいですね。

 

小さなお子様は、ゲーム感覚でのせながら片付けをされたらいいですね。

 

 

たとえば「早く片付けられるかな~♪ よーい、ドン♪」なんて

 

 

お母さんと競争仕合っこで、「早いね~♪ すごいね~♪ お母さんより早いね~♪」

 

 

って褒めてあげると、嬉しそうに頑張って片付けてくれますよ。

 

 

元の状態にきれいにしまえたら、「お片付け、早いし、上手だね♪」って

 

 

また褒めてあげたらいいですね。

 

 

 

 

そうやって寝るまでには、片付ける習慣がつけばいいですし、

 

そして、気持ちよく朝が迎えられたらいいですね。

 

 

 

 

お客様も「リビングに衣類や洗濯物が散乱することなく、オモチャも片付けやすくなりました。」

 

と喜んでいらっしゃいました。よかったですね。

 

左端に置いている赤ちゃんのおむつは、ここにある方がいいので、

 

ケースに入れて置かせていただきました。

 

この棚に入らなかった本やまだまだあるおもちゃの収納は、またご紹介いたしますね。