シンプルに片付ける!素敵でラクに暮らせる部屋づくり

広島の整理収納アドバイザーのakikoです。全国のお客様に作業や電話で整理収納のアドバイスをしています。ビフォーアフターを多数掲載。ラクに暮らすための整理収納の仕方、暮らし方、考え方をお伝えしています。

2015年07月

広島の整理収納アドバイザーのakikoです。   今日は、8時間の整理収納模様替えサービスに行ってきました。   夏休みなので、お子様と一緒に、お子様コーナーのお片付けです。   よく、「うちの子はお片付けができないんですよ」とおっしゃる方がいますが、お子様方 ...
続きを読む

広島の整理収納アドバイザーのakikoです。

 

 

 

今日は、8時間の整理収納模様替えサービスに行ってきました。

 

 

 

夏休みなので、お子様と一緒に、お子様コーナーのお片付けです。

 

 

 

よく、「うちの子はお片付けができないんですよ」とおっしゃる方がいますが、お子様方は、幼稚園、学校では片付けられているから、片付けられないわけではないんですね。

 

 

 

お家が、片付けたくても片付けられない状態になっているから、お子様にもわかりやすく、簡単に片付けられる形を作ってあげたら、必ず、片付けてくれるようになります。

 

 

一時的に出しっぱなしであっても、それぞれの置き場所が決まっていれば、そこに戻せば、きれいな状態に戻ります。

 

 

 

今、夏休みで、学校からすべてのモノを持って帰っているから、それらの置き場所も作ってあげないと、その辺に置くようになります。

 

 

 

「片付けなさい!」と言っても、どこに片付けていいか分からないから、それは親の責任となります。

 

 

では、ビフォーです。2階に子供部屋がありますが、お子様方のご希望もあって、今はまだ1階の和室にお子様のモノを置いています。

 

 

※モニター様ですので、写真掲載の許可はいただいております。ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

左側に押し入れがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リビングにもお二人のお子様のモノが多くありましたから、すべてこちらに持って来て、整理をし、収納を作っていきます。

 

 

では、棚の部分のビフォーアフターです。

 

 

 

 


 



中学生のお兄ちゃんには、「ここには塾の本、ここは学校の本、大きな本はここに・・・」と置き場所だけ伝え、「あとは、自分が分かるように置いてね」だけしか言っていませんが、考えながら、きれいに並べてくれました。

 

小学生の弟くんにも、「本はこうやって並べるのよ、この大きさはどこに置けばいいと思う?」と聞けば、ちゃんと高さが揃うように置いてくれました。

 

 

一緒に整理、置き方を教えてあげることで、これからその場所に戻せるようになります。

 

この形を覚えてもらい、「出したら、元に戻す」の習慣を身につけていけるように、お母様の言葉がけも大事ですね。

 

押し入れのビフォーアフターですが、2階のこちらの収納ケースを使わせていただきます。

 

 

 

 

 

 

押し入れビフォーアフターです。左側から、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上の三段はお兄ちゃんの洋服、下の三段は、弟くんの洋服です。

 

 

お兄ちゃんは、取りやすい下のケースに、靴下、シャツ、ズボン、

 

 

 

 

 

 

靴下は、その人その人でたたみ方がありますので、忙しい方、丁寧にたたみたい方、ご自身が慣れたたたみ方、ラクなたたみ方でいいと思います。

 

 

今はトイレレットペーパーが一番多い時期みたいなので、少なくなれば、奥には、違うモノが収納できます。

 

 

 

 



右側のビフォーアフターです。

 

 

 


 

 

 

夏休み中に使わない道具、カバンは、こちらにしまっておきます。

 

 

今日は、本当にお子様方が頑張って下さいました。

 

 

お客様も、今日の勢いでモノを減らしていけたら、ステキなお家が、スッキリ片付き、とても快適に暮らせるようになることと思います。

 

 

すべては、もう要らないモノをどんどん減らしていくことですね!

 

 広島の整理収納アドバイザーのakikoです。  今まで、たくさんのお客様からご依頼をいただきましたが、お話をお聞きしたり、お家を拝見すると、ご夫婦関係って見えてくるものがあります。  いいご夫婦だな~って思うのは、ご主人様も積極的に話を聞いてくださったり、作 ...
続きを読む

 

広島の整理収納アドバイザーのakikoです。

 

 

今まで、たくさんのお客様からご依頼をいただきましたが、お話をお聞きしたり、お家を拝見すると、ご夫婦関係って見えてくるものがあります。

 

 

いいご夫婦だな~って思うのは、ご主人様も積極的に話を聞いてくださったり、作業も手伝って下さる方ですね。

 

お仕事が忙しくて手伝うことはできなくても、人に片付けてもらうことに反対もなく、奥様が好きなようにさせて下さる方。

 

家を片付けたい奥様の想いを知って、自分のモノも手放す努力をして下さる方。

 

そんな優しくて、物わかりのいい人って私も大好きです♡

 

 

 

わが家の主人も優しいです♡ 私がやってくれるまでお願いするから、しょうがなしにやってくれます(笑)

 

私がしたいことは、反対しても無理なのを知っているから、反対しません、させません(笑)

 

欲しいモノは自由に買っていいけど(自分のへそくり内で)、要らなくなったモノは持っておかないでと、言い聞かせています。

 

ものは言いようで、明るく優しく言うのがコツですね。「〇〇してくれる~♡」「〇〇してもいい~♡」って。それでも強気にいうこと聞いてくれないと、キレる(笑)

 

大切なことは、自分がするべきことをちゃんとして、お願いすることですね

 

もし私が、要らないモノたくさん買ってきて、時間はあるのに片付けなかったら、きっと夫婦関係は悪くなるでしょうね。

 

 

 

先日、ご依頼くださった方のメールを拝見して、いいご夫婦だな~と思いました。

 

こう書かれていました。「おうちを片付けたいのですが、今回は真剣に取り組みプロに助けてもらおうと夫婦で話しました」

 

奥様もフルで働かれているから、片付ける時間もないのでしょう。忙しい方ほど、家は片付け、生活がラクにできるように整える方がいいですよね。

 

やっぱり、ご主人様が、片付けに協力的っていいですね。

 

 

ご主人様に内緒にされている方、人に頼むことを反対されるご主人様、自分のモノは捨てたくないご主人様・・・いろいろな方がいらっしゃいますが、常日頃から、ご夫婦で何でも話せ、協力しあえる関係を築いていけたらいいですね

 

「家族がどうしたら、幸せな毎日を過ごせるか」を考えられる夫婦でありたいですね。

 

 広島の整理収納アドバイザーのakikoです。  昨日は、整理収納作業7時間に行ってきました。モニター様ではないので、お写真はありませんが、モノがとても多いお家です。 モノが多い原因は、お子様が3人で、どうしてもモノは多くなりがちで、お客様がフルタイムでお仕事を ...
続きを読む

 

広島の整理収納アドバイザーのakikoです。

 

 

昨日は、整理収納作業7時間に行ってきました。モニター様ではないので、お写真はありませんが、モノがとても多いお家です。

 

モノが多い原因は、お子様が3人で、どうしてもモノは多くなりがちで、お客様がフルタイムでお仕事をされているから、片付ける時間があまりないことです。

 

 

片付けやすい仕組み、モノが増えない仕組みを作り、モノを増やさないための考え方を知っておかないと、モノが増えすぎると、ちょっとやそっとでは片付かなくなります。

 

片付かなくなると、もうどうしようもなくなり、そのまま放ったらかしになり、ますますモノが増えて、生活が正常に出来なくなります。

 

 

家中を早く片付けてあげたいけど、片付けに魔法なんてないから、ひとつひとつのモノを整理し、一箇所ずつの片付けを地道に続けるしかないのですね。

 

そうして、地道に片付けていると必ず家中が片付き終わるのですが、途中であきらめたり、挫折してしまう方も多いのでしょうね。

 

 

 

昨日は、お子様のお部屋を完璧に片付けることを目標にしました。

 

お子様はよく忘れモノをされるそうです。

 

お部屋を拝見したら、「忘れ物してしまうお部屋」になっているから、お子様が悪いわけではないのですね。

 

 

お子様がお部屋を居心地良いと感じれば、喜びがあふれ、笑顔になり、お部屋が大好きになります。そんな部屋づくりをしていきます。

 

お子様が心地よいと感じるのは、どのような空間か。

 

学校から帰って、床にはモノが散乱していないで、きれいに片付いたお部屋は気持ちがいい。

 

ランドセルや荷物を置く場所があって、机の上も広々、きれいに拭かれていると、宿題しようとやる気もでます。椅子に座ったときの窮屈感がないようにすることも大事です。

 

給食袋、体操袋、いろんなお道具、ハンカチ、テッシュが、分かりやすい場所、忘れない場所にあると、登校前に探しモノをしなくていいから、気持ちよく出かけられます。

 

下着、洋服、すぐにわかる、すぐに取れる、簡単に片付けられる形を作ると、親子でラクになります。

 

そして、すべてに置き場所を余裕もって決めると、一時的にモノが増えても焦ることなく、どのくらいの量を持てばいいか分かると、買いすぎることもなく、お金も無駄にすることがなくなります。

 

 

 

私が帰る間際、次男くんが帰って来られました。前回もお会いしましたが、とても明るいお子様です。前回は、お子様のお部屋まで手が回りませんでしたが、今回はとても喜んでくださいました。

 

今まで、机で勉強されることのないお子様が、机で勉強をされ、お母様も驚いていました。

 

お子様は、自分の机で勉強したくないわけではなく、自分の部屋で遊びたくないわけではなく、忘れ物をしたいわけではなく、部屋がそうさせていたのですね。

 

居心地がいい、悪いは、お子様でも分かります。

 

 

 

昨日は、長男くん、次男くんのお部屋の片付けでしたが、次はご主人様に喜んでいただける、お部屋づくりを計画中です。そして、イケメンなご主人様をさらにイケメンにしていきましょうと盛り上がりました。

 

仕事のできる、カッコいい男性って、ステキですよね。それって、部屋がかなり影響します。

 

カッコイイ洋服の見つけ方もお伝えしました。

 

 

きれいに整ったお部屋、クローゼットにかけられた、しわ、ヨレ感のないスーツ、Yシャツ、ネクタイ、手入れされ汚れのない、カバン、靴、それらのモノを身につけると、自信がつきます。

 

自信がつくと、顔つきも、姿勢も変わることってあります。そうすると人からの印象がよくなり、信頼され、仕事もうまくいくって感じですね。

 

もし部屋が散らかり、洋服はシワシワ、スーツを着てもカッコいい感がないと、どうでしょうかね?人からの印象も変わりますよね。

 

 

子供部屋を片付けると子供が変わり、ご主人様のお部屋を片付けるとご主人様も変わります。

奥様の場所も早く整えてあげたいけど、ご家族に早くお家大好きになっていただきたいですね。

 

 広島の整理収納アドバイザーのakikoです。 昨日の続きです。 片付けの順番って、あるようで、ないようで、あるようで、私は、その時々で思いつきながら、自由に片付けを進めています。早く片付き、結果よしなら、自由でOKなんです。 さて、こちら↓をどう片付けていった ...
続きを読む

 

広島の整理収納アドバイザーのakikoです。

 

日の続きです。

 

片付けの順番って、あるようで、ないようで、あるようで、私は、その時々で思いつきながら、自由に片付けを進めています。早く片付き、結果よしなら、自由でOKなんです。

 

さて、こちら↓をどう片付けていったかと言いますと、

 

 

 

 

1階の和室、リビングに置かれている、洋服、下着、趣味のモノをこちらのお部屋に持って上がらなければいけません。

 


 

 

 

 

なので、置けるスペースを確保するために、整理、整理、整理です。

 

亡くなられたお母様のタンス、鏡台はそのままで、収納を変えていきます。

 

お布団は、今の時期に使わないお布団だけは、押し入れにしまいます。

 

ビフォー写真はないですが、アフターの押し入れは、布団だけにして、1階の和室に置いてある収納ケースを置けるスペースを作ります。

 

 

 

 

本などが下のお部屋にまだまだありましたので、本棚の健康器具が置いてあるところは、本に置きかえています。

 

ビフォーのお写真↓の奥の方にこたつ台が見えますね。

 

 

 

 

 

お客様は、「要らない」と言われましたが、私は使わせていただきました。

 

毎日寝ているお布団を押し入れに入れたり、出したりは面倒で続かないと思うけど、敷きっぱなしは、掃除のする気もなくすし、畳にカビが生えることもありますよね。

 

ですので、毎日でなくてもいいから、布団はコタツの上に上げ、窓を開け、掃除機をかけ、ここで、布団を干してくださいとお伝えしました。ズボラの私が考えるナイスアイデア(笑)

 

 

 



ホコリがかぶっていたお母様の家具もきれいに拭いて、ドレッサーの引出しには、文房具や薬、充電器、美容系のモノを分けて収納しました。


 

 

 

タンスの方には、私が持って行った収納用品を使い、下着、靴下などを分けて、収納していきます。

 

 

 

 

 

Tシャツなどのたたみ方は、収納スペースの形、洋服の量で変えていきますが、こちらはこのように収納しています。時間がなくて、たたみ方が雑ですが(^▽^;)

 

 

 

 

 

 

 

 

洋服を重ねるときは、下の洋服が分かるように、少しずらすといいですね。

 

洋服ダンスの上から半袖シャツ、下は長袖シャツとしています。

 

このタンスは深さがないから、かさばるモノは、押し入れの収納ケースに収納しました。

 

 

1階のモノ、すべてを持って上がってくることはできませんでいたが、「下着が出てきたら、ここね」「趣味のモノはここにここにしまってね」と、お伝えいたしました。

 

置き場所を決めると、探すこともないでしょう。

 

そして、そこに収まるだけの量にすることができれば、部屋は散らからないし、管理も簡単、掃除も簡単で、暮らしがラクに快適になることでしょう。

 

 広島の整理収納アドバイザーのakikoです。  収納スペースに棚があり、その高さが変えられる場合、収納したいモノが使いやすくなるように、棚位置を変える必要があります。    今日、ご紹介します収納スペースは、マンションによくある、幅の狭い廊下収納です。 廊下 ...
続きを読む

 

広島の整理収納アドバイザーのakikoです。

 

 

収納スペースに棚があり、その高さが変えられる場合、収納したいモノが使いやすくなるように、棚位置を変える必要があります。

 

 

 

 

今日、ご紹介します収納スペースは、マンションによくある、幅の狭い廊下収納です。

 

廊下収納は、皆さまいろいろなモノを入れています。

 

こちらのお家のビフォーはこのような感じでした。

 

※モニター様ですので、写真掲載の許可はいただいております。ありがとうございました。

 

 

 

 

一番上の段には、換気扇のフィルターです。使用頻度の低いモノ、軽いモノを置かれているので、ここの収納はOKです。

 

二段目は、お掃除シートなどが置いてありました。お掃除用品は、廊下収納や、洗面台下などに置かれる方が多いですね。右側の茶色のボックスはお客様の身長では、動かさないと見えにくいかなと思いました。

 

 

 


 

下半分には、工具大好きなご主人様の工具類が置いてありました。

 

勝手に整理できないから、同じ量のまま、分かりやすく、使いやすく収納していきます。

 

 

この場所をもっと収納量を増やし、使いやすくするには、棚板が、もう1枚か、2枚あればいいですね~でもないですね~(笑)

 

使えそうなモノを家中を見て探します。いいモノがありましたひらめき電球

 

押し入れにあった三段ボックスです。幅も高さもバッチリですグッド!

 

 

 

 

この押し入れも布団をしまえるようにするため、上の段は空っぽにしていきます。

 

なので、廊下収納庫に入れられるモノは入れていきます。

 

廊下収納庫のアフターですが、三段ボックスを置いたところには、ご主人様の工具を分かりやすく、収納していきました。

 

 

 

 

上の部分↓は、このような感じです。

 

 

 

 

 

 

一番上は、そのままフィルターです。

 

2段目は、押し入れにあった収納ケースと、頻繁に見る書類を厳選して置きました。

 

引出しケースは、目線からいうと、もうひとつ下の段の方が、中が見やすいですが、お客様は使用頻度が低いから、上でも大丈夫ということでした。抜ける引出しですから、必要なときは抜かれたらいいでしょう。

 

 

三段目は、左はお掃除シートなど、右はお薬です。

 

よく使われるお掃除シートは手前に置いておくと、ボックスを動かさないでも取り出すことができます

 

お薬もたくさんありましたが、ここに収まるだけに厳選していただきました。

 

意外と薬を多く持っている方が多いですが、薬も期限がありますし、必要なモノって少しですから、よく使うモノだけに減らすと、ボックス内もスッキリしますね。

 

 

全体のビフォーアフターです。

 

 

 

 

 

 

棚位置を変え、棚を増やすことで、無駄な空間がなく、上に重ねることもないから、取り出しやすくなります。

 

 

いろんな場所がそうですが、棚の工夫で、収納量がアップしたり、使いやすくなったりしますよ。

 

 

 広島の整理収納アドバイザーのakikoです。 今日は、2件ほど、お若い方からのお問い合わせをいただきました。 おひとりは、小さなお子様がいらっしゃって、これから土地を探して、家を建てられるそうです。 もうおひとりは、生後数か月のお子様がいらっしゃる方でした。 ...
続きを読む

 

広島の整理収納アドバイザーのakikoです。

 

今日は、2件ほど、お若い方からのお問い合わせをいただきました。

 

おひとりは、小さなお子様がいらっしゃって、これから土地を探して、家を建てられるそうです。

 

もうおひとりは、生後数か月のお子様がいらっしゃる方でした。

 

 

今まで、ご依頼くださった方は、独身の方から、私より年上の方と年齢層は幅広いですが、いつも思います。

 

1日でも早く整理収納の仕方を知っていただき、モノを増やさない生活、ラクに生活できる家づくりをしていただきたい。

 

そして、一番お伝えしたい方は・・・これから家を買う方です。

 

買ってから、建ててから、後悔する方はとても多いです。高い買い物ですから、しっかり考えていただきたいですね。

 

 

整理収納の仕方を知っている方は、理想の家を手に入れ、理想の暮らしをしていらっしゃいます。

 

整理の大切さを知らず、モノの整理ができていないと、要らないモノまで新居に持って行かれるから、せっかくの新居なのに、モノが溢れてスッキリきれいにならない。

 

収納の仕方を知らないと、収納スペースが使いにくかったり、必要な場所に必要な収納スペースがないから、部屋に家具を置き、部屋が狭くなったりします。

 

 

いろいろなお家に行って感じたことは、奥行がなさすぎたり、ありすぎたりで使えない、使いにくいとか、ここに棚があったらな~とか、この棚要らないのにな~とか、残念なことってあります。

 

設計段階で、自分の家にあるモノを整理し把握していれば、どこにどんな収納スペース、形がなくてはいけないが分かるから失敗はしません。

 

自分の持っている必要なモノがすべて使いやすくスッキリしまえるための収納スペースを考える必要がありますね。

 

そして、動線を考え、無駄がなく、ラクに生活することができるか考えます。

 

 

 

まだモノが少ないお若いうちに、モノの持ち方、整理の仕方を知って、無駄なお金を使わないように、家がいつもスッキリしているようにしていただきたいですね。

 

お若いうちに収納の仕方を知って、生活がラクに快適になるモノの置き方をしていっていただきたいですね。

 

暮らしやすい家の形を作っておくと、モノも増えない、家事もラク、片付けやすい、快適な暮らし・・・といいことがいっぱいあります。

 

 

 

これからご結婚される方、これからお子様が生まれる方、これからお引越しをされる方、これからお家をご購入される方、是非、モノの整理を先にされてくださいね

 

そしたら、要らないモノを買わない、お引越し代の節約、建築費用の節約と、たくさんのお金の無駄をなくすことができると思います。

 

 

あの時、知っていれば・・・

あの時、していれば・・・

 

そんな後悔のないよう、お若いうちに、早いうちに、整理収納の仕方を知られることをおすすめいたします。

 

 広島の整理収納アドバイザーのakikoです。 先日7月1日にこのようなご依頼をいただき、今日は、急遽、整理収納作業に行ってきました。     私は、ブログでいつも「片付けた方がいいですよ」とお伝えしていますが、片付けるのも、片付けないのも自由だと思っています。 ...
続きを読む

 

広島の整理収納アドバイザーのakikoです。

 

先日7月1日にこのようなご依頼をいただき、今日は、急遽、整理収納作業に行ってきました。

 

 

 


 

私は、ブログでいつも「片付けた方がいいですよ」とお伝えしていますが、片付けるのも、片付けないのも自由だと思っています。

 

お客様のように、「危機」を感じないと、人ってなかなか行動に移せないものですね。

 

私も、ギリギリにならないと動かないことって多いです。

 

でも、ご自身で危機を感じて「片付けたい」と思われた時の方が、「本気」で頑張ってくださるから、整理収納作業もどんどん進みます。

 

 

 

お客様のご希望は、お家丸ごとでしたので、2時間延長で10時間、私がしないといけない場所をどんどん片付けました。

 

まず、2階のこちらからです。

 

※モニター様ですので、写真掲載の許可はいただいております。ありがとうございました。

 

 

 

 

こちらは、クローゼットですが、お客様のくつろぎ空間だそうです。

 

 

中央に置かれている椅子に座って、、マンガを読まれるのが、最高の時間だそうです。

 

 

 

 

 



では、もっと快適に、居心地よくくつろいでいただけるように、このお部屋にあった、ご主人様や、お子様のモノはすべて移動し、この空間には、奥様のモノだけにしました。

 

アフターです。

 

 

 

 

 

 

椅子の横の脚立は、普段使わないから、きれいに拭いて、サイドテーブルにしていただきます。

 

 

そして、こちら↓は、ご主人様のモノだけを置いていきます。ビフォーです。


 



途中のアフターです。この後、1階を片付けて、三段ボックスを持ってきました。ビフォーにある三段ボックスは、奥様のクローゼットの棚の上に置いています。

 

 



手前右に洋服が見えていますが、こちら↓を買っていただき、洋服をかけていただきます。

 

 

 

 

あと残りの時間は、2階の和室、本棚、1階では、お子様と一緒におもちゃ整理、リビング収納、キッチン吊戸棚、食品ストック、階段下収納、以上10時間で、あとは、お客様だけでなんとか頑張っていただけると思います。

 

 

 

お家すべては、10時間だけでは終わりませんが、とりあえず、毎日の生活に関係する場所さえできていれば、ラクに家事もできるようになると思います

 

あとは、お休みの日に、少しずつ、要らないモノを探して減らしていけば、どんどんスッキリすることでしょう。

 

 

私にしかできないことは、「置き場所を決め、形を作ってあげること」です。そして、そこからの片付け方をお伝えし、あとはお客様に頑張っていただきます。

 

「どこから片付けていいのか分からない」から一緒に片付け、「どうやって片付けたらいいか分からない」から、片付けの進め方をお伝えします。

 

片付けは、最初が大変なんですね。ある程度片付いてくると、片付けもしやすくなるんですよ。

 

 広島の整理収納アドバイザーのakikoです。  「片付かない!散らかる!」その大きな原因は、「あふれるほどのモノの量」ですね。 「片付けられないんです」と言われる方がいらっしゃいますが、「その量だと、私でも片付けられません」と思ってしまいます。 大量のモノを ...
続きを読む

 

広島の整理収納アドバイザーのakikoです。

 

 

「片付かない!散らかる!」その大きな原因は、「あふれるほどのモノの量」ですね。

 

「片付けられないんです」と言われる方がいらっしゃいますが、「その量だと、私でも片付けられません」と思ってしまいます。

 

大量のモノを頑張ってしまおうと、収納用品や棚を買って、しまい込んでいらっしゃる方もいますが、使わないモノをしまうために、要らない収納用品や棚を買って、ますますお部屋を狭くしない方がいいですよね

 

 

 

私は、小さい頃から狭い家に住んでいました。

 

きょうだいが多いから、押し入れをベッドにして寝ていたときもありました。

 

おもちゃや洋服も、たくさん持っていた記憶はありません。

 

社会人になって、大阪で寮に入ったときも、自分のモノを置けるスペースは、3畳もありませんでした。

 

寮を出て、ひとり暮らしをしたときも、狭いビジネスホテルくらいのスペースしかなかったです。

 

結婚して18年間は、収納スペースは押し入れひとつと、出窓下収納しかない、狭いところに家族4人で住んでいました。

 

脱衣場も狭い、洗面所もキッチンもすべて狭い、リビングのコタツテーブルで食事もずっとしていました。

 

 

でもどんな形の家でも、どんなに狭くても、私は「適応力」がありますから、どんなところでもスッキリ快適に暮らしていけます。

 

狭ければ、狭いなりの暮らし方をする!

 

 

結婚して、いろいろひと揃え買いました。でも生活するなかで、窮屈感を感じ、なくてもなんとかなる炊飯器、やかん、トースター、どんどん手放していきました。電子レンジだけは、必要だったから残し、モノがなくなると、手入れもしなくていからラクになりました。

 

ポットプレートも出すのも大変だから、フライパンで済ませばいいと思い、手放しました。

ジュサーミキサーもありましたが、絶対に必要ではなかったから、手放しました。

 

お鍋もセットで買いましたが、必要な大きさだけ残し、使わない大きなお鍋は手放し、お菓子作りもさっさとやめて、お菓子作りに必要なモノも手放していきました。

 

 

子供の服も着せたいモノだけ、着れる量だけ。いただいた洋服のなかで厳選して、あとは人にあげて、増えないようにもしました。

 

学校のモノも、過去のモノは残しすぎない。思い出のモノも箱ひとつにし、おもちゃもたくさんあっても大切にできないから、好きなおもちゃを厳選し、少ないと片付けも簡単です

 

シーツの洗い替えなんて持ちません。朝洗えば、夜に使えますから。お天気のいい日に洗います。

 

食品や日用品のストックもあまり持ちません。置く場所なんてないから、なくなりそうになって買いに行きます。

 

そうやって、スッキリ快適に暮らしたいから、手放せるモノを潔く手放してきました。

 

 

多くのモノを手放すと、スッキリ快適な暮らしを手に入れられます。

手放さないと、スッキリ快適な暮らしは、手に入れられません。

皆さまは、どちらを選びますか?

 

 

 

私は小さい頃から、狭い家で暮らしてきたから、モノが少なくても暮らせるということを知っています。

 

狭い家なら、狭いなりに暮らさなければいけないということも分っています。

 

 

小さい頃、大きな家に住み、たくさんのモノを与えてもらって育ってきたら、モノはたくさん持つことが当たり前で、結婚して家が狭くなると、そこに適応できない・・・どうしていいのか分からないって方は多いと思います。

 

そういう方には難しいかもしれませんが、「少ないモノで暮らす」という感覚を身につけていただきたいと思います。モノが多いことが決して幸せではありません。モノが少なくても幸せに暮らせます。

 

自分の家に見合ったモノの量に厳選し、少ないモノでも工夫をしながら、快適に、おしゃれに暮らしていけたらいいですね。