シンプルに片付ける!素敵でラクに暮らせる部屋づくり

広島の整理収納アドバイザーのakikoです。全国のお客様に作業や電話で整理収納のアドバイスをしています。ビフォーアフターを多数掲載。ラクに暮らすための整理収納の仕方、暮らし方、考え方をお伝えしています。

2015年03月

 今日はキッチンのお話しをしますね。  お客様のご希望は「開けてうっとりかつ使いやすい収納」です。  こちらのお客様のお写真はお見せできませんが、  収納はとてもお上手にされていらっしゃる方で、特に問題はないようですが、  向上心のお高い方は、もっと美し ...
続きを読む

 

今日はキッチンのお話しをしますね。

 

 

お客様のご希望は「開けてうっとりかつ使いやすい収納」です。

 

 

こちらのお客様のお写真はお見せできませんが、

 

 

収納はとてもお上手にされていらっしゃる方で、特に問題はないようですが、

 

 

向上心のお高い方は、もっと美しく、もっと使いやすくを目指されるのでしょうね。

 

 

私も見習わないと・・・

 

 

 

 

 

 

私が好きなのは、美しい収納というより、「モノを持たない暮らし」ですね。

 

モノが少ない場所を見るだけで、気持ちが清々しくなります。

 

そして、モノを持たずに工夫をすることを考えるのが好きです。

 

 

モノが少なければ、収納用品もそんなに要らないし、

 

 

収納テクニックもいらないですからね。

 

 

モノが少ないと自然と使いやすくもなるでしょう。

 

 

 

 

先日の京都のお客様のキッチンビフォーアフターをご紹介いたします。

 

 

ビフォーです。

 

 

※モニター様ですので、写真掲載の許可はいただいております。ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

「タイムリミットは二日間」の記事 で書きましたが、

 

 

 

帰る時間まで、1時間半を切ってきたので、大急ぎでキッチンの片付けをしました。

 

 

このまま帰るわけにはいかないから、

 

 

お客様にも、急いで、必要なモノだけを選んでいただきました。

 

 

キッチンの必要なモノとは、絶対に使うモノだけです。

 

 

使わないモノを置いておいても、家事をするのに、邪魔なだけだし、

 

 

使うモノが使いにくくなりますしね。

 

 

 

 

 

お客様は、食洗機で使えない食器も大量に手放されました。

 

どんなに素敵なモノでも、使いにくい、手入れが面倒だと、使わなくなりますね。

 

 

実際に使っているモノってそんなにないから、

 

 

整理して、使うモノだけになると、それだけでスッキリします

 

 

では、アフターですが、

 

 

シンク下のビフォーアフターです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

ここは洗剤を移動して、毎日使うお弁当箱とたまに使うモノを分けてカゴに入れました。

 

洗剤は、ビフォーのこちらに移動します。

 

 

 

 

 

 
 

 

 

 

 

 

そして、引出し上のキッチンツールの場所はそのままで、使うモノだけを厳選し、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その下は、調味料置き場でしたが、使いやすく収納です。

 

 

 

 

 

 

 

持って行っていた、イケアの容器がちょうど入りましたので、仕切りました。

 

 

 

汚れを防ぐために、容器の底には、キッチンペーパーを敷いています。

 

 

 

 

 

 

 

 

左に私の足が・・・右にお子様の足が、写っていました(笑)

 

 

 

お鍋収納は、

 

 

 

 

 

 

 

 

何の収納用品も使わずに、ただ置くだけです。

 

 

 

フライパンや片手鍋は、2つ3つ重ねても取りやすいです。

 

 

 

 

 

 

 

収納用品を使うと、それが汚れてきたら、手入れが必要になるから、意外と面倒です。

 

 

 

キッチン収納は、必要なモノしか持たずに、置き方をきちんと置くだけで、

 

 

見た目もスッキリするでしょうし、使いやすくもなると思います。

 

 

キッチンは汚れやすいし、キレイにしておきたい場所なので、

 

 

モノを置きすぎない方が、調理もラクだし、掃除もラクになりますね。

 

 

 

 

 

皆さまのお家には、使わないのに、ずっと持っているモノってありませんか?

 

使わないモノはなくても困らないし、

 

 

それがなくなると、すっきり使いやすいキッチンになりますよ。

 

 

  今日は納戸のビフォーアフターご紹介いたしますが、   部屋数が多いお家や、納戸があるお家は、  要らなくなったモノ、使わなくなったモノをついつい置いてしまいがちですが、  要らなくなったモノ、使わなくなったモノは、  その都度、売りに行くなり、捨てる ...
続きを読む

 

 

今日は納戸のビフォーアフターご紹介いたしますが、

 

 

 

部屋数が多いお家や、納戸があるお家は、

 

 

要らなくなったモノ、使わなくなったモノをついつい置いてしまいがちですが、

 

 

要らなくなったモノ、使わなくなったモノは、

 

 

その都度、売りに行くなり、捨てるなどして、

 

家に、要らないモノ置き場を作らなうようにお気をつけくださいね

 

 

 

 

 

納戸のビフォーです。

 

入口から見たところと、左側、右側ですね。

 

 

※モニター様ですので、写真掲載の許可はいただいております。ありがとうございました。

 

 


 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

見たところ、細々したモノはなく、大物が多いので、

 

このようなお部屋は、整理をするとすぐに片付きます。

 

 

こちらの記事 でご覧いただきました、

 

 

イケアの棚も1つ、こちらのお部屋に置かせていただきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

では、納戸ビフォーアフターです。

 

 

 

入口の正面です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

帰る間際に急いで撮ったので、少しぼけてしましましたが、

 

 

 

イケアのボックスには、1階のこちらにあったモノなどを入れています。

 

 

 

 

 

 

 

 

右の衣装ケース5つには、下2つが、ご主人様の思い出のモノ、

 

 

 

もう2つに、お子様の作品や思い出のモノですね。

 

 

入らなくなってきたら、厳選をしていただき、

 

 

「ここに入るだけ」の大切な思い出のモノを持つようにすれば、増えすぎないでしょう。

 

 

お子様が大きくなって、更なる厳選をしていただき、

 

 

もう少し小さなお箱で、一生大事に持たれたらいいと思います。

 

 

一番上のケースには、スキーの服をご家族4人分入れています。

 

 

これ以上、高く置かない、重たいモノは上に置かないですね。

 

 

 

 

右側のビフォーアフターです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

右のケース上3つは、ハロウィンなどの季節の飾りモノです。

 

 

 

 

上の3つは、中を触らず、そのまま置かせていただき、

 

 

下の3つのケースには、水着や、スキー用品、などのレジャー用品です。

 

 

 

 

 

 

この形をキープするには、

 

 

要らなくなったモノをどんどん置いていかない

 

 

ケースの中も時々見直し、要らなくなったモノはないか確認し、

 

 

見た目もきれいに置き直されたらいいでしょうね。

 

 

ラベルを貼られて、管理されると、より分かりやすいですね。

 

 

 

 

 

納戸収納で気をつけたいことは、

 

奥にたどり着けないモノの置き方をしない。

 

 

すべてのモノを取りやすく収納するですね。

 

 

そして、家中そうですが、「要らなくなったモノを持ち続けない」ですね。

 

 

  モノの置き場所は、どのように決められていますか?   ご家族が分かりやすい置き場所ですか?  ご家族がラクに暮らせる置き場所ですか?  置き場所によって、生活がしやすくも、しにくくもなると思います。     今日のビフォーアフターは、昨日の続きですが ...
続きを読む

 

 

モノの置き場所は、どのように決められていますか?

 

 

 

ご家族が分かりやすい置き場所ですか?

 

 

ご家族がラクに暮らせる置き場所ですか?

 

 

置き場所によって、生活がしやすくも、しにくくもなると思います。

 

 

 

 

 

今日のビフォーアフターは、昨日の続きですが、

 

ご主人様が、わかりやすい、暮らしやすい、置き場所、収納を作っていきました。

 

 

玄関の近くのお部屋に、ご主人様のクローゼットがありました。

 

 

手前のポールハンガーには、ご主人様の

 

 

帽子やストールも多くかけられていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

お家全体を拝見し、他にご主人様のモノは、2階のクローゼットにもありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あまり着られることのない、シャツやスーツ、そして、仕事での大事な書類です。

 

 

 

 

このままでも困りはしないでしょうが、

 

 

奥様のモノも、あっちこっちに、ご主人様のモノもあっちこっちにあり、

 

 

探したり、管理もしにくいでしょうから、

 

 

2階のクローゼットは奥様のモノだけ、

 

 

1階のこちらにご主人様のモノをまとめます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アフターです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

棚には、上から、オシャレなご主人様の帽子、

 

 

 

二番目の棚には、バッグ、

 

 

三番目の棚には、イケアのボックスに細々したモノ、

 

右側をあけているので、車のキーなどを置かれたらいいですね。

 

 

その下は、置くモノがないので、ご実家に返されるモノの一時置き場にし、

 

 

一番下のボックスには、クリーニングに出すモノを入れられています。

 

 

 

 

 

ポールハンガーには、たくさんかけずに、

 

使ったストールや、上着の一時かけにされたらいいでしょうね。

 

 

たくさんのストール、オフシーズンの帽子などは、

 

 

こちらのカゴに収納しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

書類などは、触らず、奥にしまわせていただきました。

 

 

 

カゴに入れるモノも、上から使用頻度が高いモノですね。

 

 

カゴの上に長い洋服は邪魔になるから、長いモノは奥ですね。

 

 

 

 

 

入口入って左側をご主人様コーナーとして、すべてのモノをまとめましたので、

 

あっち行って探し、こっち行って探しもなくなると、ご主人様もラクでしょうが、

 

 

奥様も、「あれ、どこ?」って聞かれなくなると、ラクになるでしょうね。

 

 

ご自分のモノも、ご家族のモノも、分けて、あちこち置かないようにすれば、

 

 

わかりすい!探さない!で、ご家族の暮らしがラクになると思います。

 

 

  収納は、思いやりの心で作っていって下さいね。     モノは使うために、そこにあるわけだから、 ご家族にとって、使いやすい状態で置かれているのか、  分かりやすく、探さないように収納されているか、  ご家族がラクに快適に暮らせるようなお部屋づくりをし ...
続きを読む

 

 

収納は、思いやりの心で作っていって下さいね。

 

 

 

 

 

モノは使うために、そこにあるわけだから、

 

ご家族にとって、使いやすい状態で置かれているのか、

 

 

分かりやすく、探さないように収納されているか

 

 

ご家族がラクに快適に暮らせるようなお部屋づくりをしていかれた方がいいですね。

 

 

 

 

 

ご家族が自分のことを自分でできれば、

 

結果、主婦である私たちがラクをできますからね。

 

 

ご家族のため、自分のためのお部屋づくりをしていきましょう。

 

 

 

 

 

 

では、先日のお客様の、玄関入ってすぐのこのお部屋。

 

入り口から見た風景。

 

 


 

 

 


 

 

 

 

左側には、イケアのクローゼットがあります(ご主人様用)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

同じモノが、入って右側にもあり、そちらは奥様用です。

 

 

 

ご主人様のクローゼットの左側に、棚が置かれています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イケアの棚がお部屋の中央に置かれていましたが、

 

 

 

お部屋を広く使くためにも、棚は移動します。

 

でも高さのある棚は窓をふさぐので、大きい棚は1つだけ置き、

 

 

もうひとつは、よそのお部屋に置いていきます。

 

 

 

 

 

このお部屋に、お子様のランドセル、教科書、体操服、給食セットがすべてあり、

 

すべてがイケアの深いボックスに入れられて、

 

 

使われているのは、上に置かれているモノだけになっています。

 

 

たくさん入れられているので、ボックスを出し入れするのもお子様には重たいでしょう。

 

 

お子様のためには、上の空間がムダになっても、上に重ねて置かない、

 

 

たくさん入れすぎないでくださいね、とお伝え致しました。

 

 

ハンカチやお子様用マスクなどは、この深さでは、分からなくなりそうでしたので、

 

 

リビングに矢印の引出しがありましたから、それを持ってきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

左の棚も洋服部屋に移動です。

 

 

 

あとこちら、

 

 

 

 

 

 

 

 

この位置に、お子様のお洋服がかかっていると、

 

 

 

 

お子様が取りたくてもとれないから、自分で取れるようにしていきます。

 

 

納戸に洋服ラックがありましたので、

 

 

それを使わせていただき、様子を見ていただきます。

 

 

入口入って右側のアフターはこのように致しました。

 

 

ビフォーアフターです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リビングから持ってきました、低い棚は、長女の方のモノだけを集め、

 

 

 

ランドセルを開けても邪魔にならない位置に教科書を置き、

 

 

教科書が出し入れしやすくなるように、手前のあいたファイルボックスを買っていただきます。

 

 

棚の上に支度をしたモノすべて置いておくと、忘れ物もないですね。

 

 

 

 

引出し上には、ハンカチ、テッシュ、お子様用マスクをゆったり入れ、

 

下には、給食用の袋など、

 

 

右下のボックスは、仕切りボックスを入れ、

 

 

トップス、ボトムスを1週間分くらいだけ入れています。

 

 

たくさん入るボックスですが、たくさん入れすぎない!ですね。

 

 

左下も仕切って、体操服、靴下などですね。

 

 

たくさん入れすぎなかったら、見て分かる、すぐに取れますね。

 

 

 

 

 

2階にお子様のお部屋もありますから、

 

ここは、平日、学校のモノが、すぐに用意できることを目的とした収納づくりです。

 

 

左の棚は、2才のお子様のお支度セットを収納しています。

 

 

そして、上着もお出かけカバンも自分で取れる位置にします。

 

 

 

 

 

 

 

 

この位置なら、2才のお子様でも、引っ張って取れることでしょう。

 

 

 

フルタイムで働かれる忙しいお母さんが少しでもラクをするためには、

 

 

お子様が自分のことは自分でできる、収納や部屋づくりをされるといいですね

 

 

 

 

 

では、次回は、入って左側を、

 

ご主人様が生活しやすくなるための収納を作りましたので、ご紹介いたしますね。

 

 

  土曜日の始発の新幹線で行き、日曜日の最終新幹線で帰り、   京都方面へ、二日間の整理収納作業に行ってきました。     今まで、1日の最高作業時間は、12時間でしたが、(8時間作業が一番多いです) 今回は、お客様のお家に泊まらせていただけたので、  1日目 ...
続きを読む

 

 

土曜日の始発の新幹線で行き、日曜日の最終新幹線で帰り、

 

 

 

京都方面へ、二日間の整理収納作業に行ってきました。

 

 

 

 

 

今まで、1日の最高作業時間は、12時間でしたが、(8時間作業が一番多いです)

 

今回は、お客様のお家に泊まらせていただけたので、

 

 

1日目、10時から、夜の12時までの14時間、

 

 

2日目、朝6時から、夜7時までの13時間、

 

 

お客様は、さぞかしお疲れになられたと思います。

 

 

でも、ご主人様のご希望は、「ホテルのようなお部屋」でしたので、

 

 

やるしかないと頑張っていただきました。

 

 

 

 

 

1日目は、洋服整理が中心で、

 

1階のこのお部屋は、洋服部屋ですが、

 

 

お部屋の中央にイケアの家具が置かれていました。

 

 

※モニター様ですので、写真掲載の許可はいただいております。ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お子様の教科書も今着ているお洋服も、

 

 

 

すべて、イケアのボックスに入れられていました。

 

 

この深さは難しいですね。 奥に、下に、入れられたモノは使えなくなりますね。

 

 

入って左側です。

 

 

 

 

 



 

 

 

 

入って左側は、ご主人様コーナーにしていきます。

 

 

 

そして、2階の納戸。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お子様のお部屋のクローゼットですが、

 

 

 

今着ていらっしゃるのは、1階にありますが、ここにもたくさんのお洋服が・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

奥様のお洋服も、1階のイケアのクローゼットにたくさんありましたが、

 

 

 

2階のクローゼットにも着られていないお洋服がたくさんありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここまでを1日目に何とか形を作らなければ、2日目に1階ができません。

 

 

 

2日目には、1階のリビング、

 

 

 

 

 

 

 

 

このイケアのボックスにも、たくさんのモノが押し込まれていました。

 

 

 

このカウンター下のイケアの棚は、移動し、なくしました。

 

 

そして、この棚も細々したモノがあり、

 

 

 

 

 

 

 

 

冷蔵庫の左の白い棚はなくしていきます。

 

 

 

あと、洗面台引出し、洗面所の階段下収納スペースもしていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、帰るギリギリに、やっとキッチンでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

写真を撮る時間ももったいなかったから、写し方が雑で、すいません。

 

 

 

先日、「片付けは、必ず終わります!」と言う記事 を書きましたが、

 

 

タイムリミットは、二日間・・・

 

 

私より大変なのは、お客様です。

 

 

私が勝手にモノを捨てられないから、

 

 

たくさんのすべてのモノを、お客様が分ける作業は本当に大変でした。

 

 

 

 

 

1日目の洋服の整理の時には、お部屋は、洋服の海のように、床一面洋服。

 

1日目に、お客様は何回も、「本当に片付きますか?」と言われていました。

 

 

私も不安になるくらいのモノの量でしたが、

 

 

整理さえして下されば、収納は早いです。

 

 

 

 

 

夜中の12時まで、お客様がご試着をしながら選ばれたお洋服を

 

私が朝6時から、起きたベッドの上でたたみはじめ、

 

 

 

 

 

 

 

 

半袖、長袖の薄地、長袖の厚地、ボトムス・・・順番に畳んでいきました。

 

 

 

朝食までにたたみ終えようと必死でした。

 

 

お子様のお洋服は前日までにたたみ終えていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

広島に住む私に、新幹線代、出張費まで出していただき、ご依頼くださったので、

 

 

 

何が何でもきれいにしてあげたい、

 

 

ご主人様のご希望の「ホテルのようなお部屋」に近づけてあげたい、喜んでいただきたい、

 

 

その想いで、私もお客様も限界まで頑張ったような気がします。

 

 

 

 

 

時間のかかり様は違いますが、片付けは必ず終わりがあります。

 

だから、頑張れるし、気付くことも多いと思います。

 

 

お買物大好きなお客様がおっしゃっていました。

 

 

「もうしばらく買いません」と。

 

 

整理、片付けの大変さを経験すると、皆様おっしゃいますね。

 

 

 

 

 

でも2日間で、家がある程度片付くので、何年も悩まず早く片付けられた方がいいですよね。

 

今回は2日間と言っても27時間かかっていますが。

 

 

アフターもご紹介いたしますね。

 

  今日は、ビフォーアフターをご紹介いたします。   何でもそうですが、たくさんモノを持っていても、  使いにくい場所、使いにくい収納だと、使わなくなったりしませんか?     先日のオシャレなお客様は、アクセサリーもたくさんお持ちでした。 最初は、こち ...
続きを読む

 

 

今日は、ビフォーアフターをご紹介いたします。

 

 

 

何でもそうですが、たくさんモノを持っていても、

 

 

使いにくい場所、使いにくい収納だと、使わなくなったりしませんか?

 

 

 

 

 

先日のオシャレなお客様は、アクセサリーもたくさんお持ちでした。

 

最初は、こちらのお部屋 に置かれていました。

 

 

※モニター様ですので、写真掲載の許可はいただいております。ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

このお部屋は、モノがたくさん出ていたので、

 

 

 

それらをここに収納していかないといけないから、

 

 

アクセサリーは移動させていただきました。

 

使いやすさとしても、移動した方が使いやすくなると思いましたので。

 

 

 

 

 

移動先は、クローゼットが2つある、寝室です。

 

ビフォーの写真は撮り忘れましたが、

 

入って左側のクローゼットに置いてあった家具、

 

 

お客様はもう要らないとおっしゃっていましたが、クローゼットから出して使用します。

 

 

奥にもクローゼットがありましたが、ベッドが部屋を横切っていて、

 

 

奥のクローゼットはうまく使えていませんとのことでした。

 

 

中には、この家具が置かれていました。これも出して使います。写真ボケています(^▽^;)

 

 

 

 

 

 

 

 

このお部屋には、まだお引越し時のダンボールもあり、お洋服もあふれていましたが、

 

 

 

お客様が洋服もたくさん整理してくださいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

このお写真↑の左下のスカートがあるところに家具が置かれていました。

 

 

 

家具があると、洋服が収納できないし、着ないモノは整理していだだないと

 

 

クローゼットから洋服が溢れているから、絶対に片付くことはありませんね。

 

 

 

 

 

いつも思うのですが、私が収納を仕上げられるのは、

 

お客様が必要なモノだけを選び使わないモノは潔く手放して下さるおかげです。

 

 

お客様が、収納できる量以上に、モノを持たれていたら、私も収納できませんしね。

 

 

無理矢理押し込んだのでは、使いにくい収納になりますから。

 

 

 

 

 

 

奥のクローゼットを使いやすくするために、ベッドの位置を変え、

 

ベットの位置が変わっただけで、部屋が広々し、

 

 

2つのクローゼットに置いてあった家具2つも部屋に出すことができました。

 

 

アフターです。

 

 

 

 

 

 

 

 

よく使うバッグは出しておきたいとのことでしたので、

 

 

 

選んでいただき、すぐに使えるようにタンスの上へ。

 

 

このタンスには、下着や、よく着られる、たたんでOKな洋服をしまいました。

 

 

左の家具は、浅い引出しだから、使いにくそうでしたが、

 

 

浅い引出しは、小物収納にピッタリですね。

 

 

 

 

 

 

 

 
 

 

 

 

私もチェストの浅い引出しをこのように使っています。

 

 

 

私の少なっ(笑)

 

 

 


 

 

クローゼットのアフターはまたご紹介いたしますが、

 

 

お部屋全体のアフターは、

 

 

入口に入って、すぐにコートがかけれます。

 

 


 

 


 

 

↑こちらのクローゼットは、よく着られるモノは左側に収納し、

 

↓奥のクローゼットは鏡の置かれていない左側によく着られるモノを収納しています。

 

 

 

 

 

 

 

動線もアクセサリーがこちらのお部屋にあることで、

 

 

 

洋服を着て、アクセサリーを選び、鏡でチェックし、

 

 

バッグを選んで、すぐに出かけられますね。

 

 

 

 

 

お客様にお伝えしましたのは、

 

「今の量をキープできれば、この状態を保つことができます!」

 

 

片付かないとお悩みの方は、

 

 

しまい切れないほど、あふれるほど、モノをお持ちだから、どう考えても片付かないですよね。

 

 

 

 

 

片付けたい方は、片付く量にモノを減らせば、問題なく片付きますよ。

 

たくさんモノを持たなくても、生活はできますし、

 

たくさんない方が快適にラクに生活できますよ。

 

 今回のお客様は、「タッセル」作りの先生です。 平日はお勤めをされていますが、オシャレで、カッコいい方です。 クローゼットも整えさせていただきましたが、ステキなお洋服をたくさんお持ちでした。 クローゼットは次回にご紹介ということで、 今日は、お教室にされ ...
続きを読む

 

今回のお客様は、「タッセル」作りの先生です。

 

平日はお勤めをされていますが、オシャレで、カッコいい方です。

 

クローゼットも整えさせていただきましたが、ステキなお洋服をたくさんお持ちでした。

 

クローゼットは次回にご紹介ということで、

 

今日は、お教室にされる、こちらのお部屋のご紹介です。

 

※モニター様ですので、写真掲載の許可はいただいております。ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらを拝見して、すぐにしたことは、棚の本の移動です。

 

生徒様から真横に見える、この白い棚が重要ですよね。

 

何を置かないといけないかと言うと、「タッセル」に関係するモノですね。

 

作業で使うモノをすぐに取って使えるようにし、

 

リビングに飾られてあった「タッセル」も生徒様に見ていただけるように、

 

こちらに持ってきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、白い棚のアフターはこのようにしました。

 

 

 

 

 

 


「タッセル」は、生徒様に見やすいように、つっぱり棒でぶら下げました。

 

 

右側の収納棚のビフォーアフターです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上の方には、撮影用のカメラや道具をまとめ、

 

真ん中の棚の左側は、よく使うモノ、

 

下には、無印の収納ケースを買っていただき、

 

タッセルやデコの材料や道具をわかりやすく収納しました。

 

お部屋に出ていた、椅子や脚立もしまうことができました。

 

 

 

こちら側もすべてしまうことができましたので、スッキリしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここまで形ができれば、お教室を始められるでしょうし、

 

センスのよいお客様なので、ここからいろいろ考えられたらいいでしょうね。

 

時間がありましたので、気になった寝室も片付けさせていただきましたので、

 

次回は、寝室、クローゼットをご紹介をいたしますね。