シンプルに片付ける!素敵でラクに暮らせる部屋づくり

広島の整理収納アドバイザーのakikoです。全国のお客様に作業や電話で整理収納のアドバイスをしています。ビフォーアフターを多数掲載。ラクに暮らすための整理収納の仕方、暮らし方、考え方をお伝えしています。

2014年12月

  先日のお客様のお家、   今年の9月までは、物置部屋の開かずの間だったお部屋を  このように素敵なお部屋にされ、       このお部屋もこの3つのモノしかありませんでしたが、   残りの3つのお部屋も、寝室は布団をしまえば、何もなし、  洋服部屋も ...
続きを読む

 

 

先日のお客様のお家、

 

 

 

今年の9月までは、物置部屋の開かずの間だったお部屋を

 

 

このように素敵なお部屋にされ、

 

 

 

 

 

 

 

このお部屋もこの3つのモノしかありませんでしたが、

 

 

 

残りの3つのお部屋も、寝室は布団をしまえば、何もなし、

 

 

洋服部屋も押し入れにご家族3人分のお洋服をいれられ、

 

 

お部屋に出ているのは鏡とバランスボールだけ。

 

 

残り、リビングですが、テレビボードにテレビと、食事のためのテーブルと、

 

 

あとはお子様のおもちゃだけ。

 

 

 

 

 

いつもモノのたくさんのお家に行っていますが、

 

こんなにモノが少なくても、ご家族幸せに、心豊かに暮らせるんだと改めて思い、

 

 

私もまだまだ、使わないのに捨てられないモノを持っていますので、

 

 

もっとスッキリ、気持ちのよい空間にしたいなと思いました。

 

 

 

 

 

 

このお客様のお家で素敵だなと思ったのは、

 

ご家族が快適に暮らすために、すっきり広々としたお部屋にされているだけでなく、

 

 

たくさんの手作りのモノで、お気に入りの場所をたくさん作り、

 

 

暮らしを楽しみ、大好きなお家にしていること。

 

お子様のおもちゃコーナーも愛情いっぱいの手作りです。

 

 

これすべて手作りです。

 

 

 

 

 

 

 

 

2歳のお子様でもお片付けができるように、こんな工夫もされています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらの棚も手作りです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お子様のために愛情を込めて、手作りをし、

 

 

 

お子様が片付けができるように、高さもちょどよく、量もちょうどよく

 

 

見ているだけで、心温まりました。

 

 

おもちゃはたくさんあればいいわけではありません。

 

 

 

 

 

私たち大人もモノがたくさんあれば、片付けが大変だし、

 

たくさんのモノがあっても、すべてで楽しむことはできません。

 

 

大好きなモノだけが、片付けられる量、遊べる量だけあれば、十分に楽しいのです

 

 

子どももどんどん成長していきます。

 

 

洋服もおもちゃも、成長に合わせて、毎年変わるでしょうから、少しの方がいいんです。

 

 

 

 

 

 

もう少しでクリスマスですね。

 

こちらのお家では、クリスマスの飾りも手作りでしたクリスマスツリー

 

 

 

 

 

 

 

 

私は床にあまりモノを置きたくない派ですから、こういうのって大好きです。

 

 

 

こちらのお宅は、ご夫婦で憧れるようなすごいお仕事をされてるから、

 

 

お金には全然困っていません。

 

 

でも今は、たくさんのモノを買い、モノを無駄にしたり、贅沢な暮らしはしていません。

 

 

きっとこれから、お子様のため、ご家族が心豊かに幸せになるために

 

お金も使われることでしょう。

 

なくても困らない、必要のないモノに大事なお金を使うのはもったいないですからね。

 

 

 

 

本当に必要なモノだけを持ち、それらを大切にし

 

好きなモノ、大切なモノに囲まれ、ご夫婦ともにお優しくて、

 

 

心豊かに、幸せに暮らされていました。

 

 

お仕事も定年までされたいそうです。

 

 

子育てをしながら、仕事を続けていくためには、

 

 

少しでも家事をラクにし、心身共に楽でいられるためにも、家を整えておくことは必要でしょう。

 

 

 

 

何年か先には転勤もあるようですが、これだけ荷物が少ないと、

 

お引越しも本当にラクだと思います。

 

 

自分には何が必要か、自分は何が大切なのか、そんな心の整理ができれば、

 

 

モノも整理され、こんな素敵で居心地のよい家で、

 

 

ご家族皆さま、心豊かに、幸せに暮らしていけるのだと思います。

 

 

私も、自分の家をもっともっと快適にしていきたいな~と思いました。

 

 

 

 

今日の教訓 「モノは少なく、心は豊かに」

 

多くのモノに囲まれ、ストレスを抱え、心を病まないようにしましょうね。

 

  今日は午後から4時間のご依頼で仕事に行ってきました。   お住まいは社宅?でしたが、玄関入って、目に入ったお部屋を見て驚きました。        お部屋に置いているのは、これだけ!   あまりの生活感のなさに、「えっ」と驚きましたが、  お子様が寝ら ...
続きを読む

 

 

今日は午後から4時間のご依頼で仕事に行ってきました。

 

 

 

お住まいは社宅?でしたが、玄関入って、目に入ったお部屋を見て驚きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

お部屋に置いているのは、これだけ!

 

 

 

あまりの生活感のなさに、「えっ」と驚きましたが、

 

 

お子様が寝られたあとに、ご夫婦で読書をしたり、ゆっくり過ごす場所だそうです。

 

 

とても素敵ですね。 壁は前に住んでいた方が塗られたそうです。

 

 

 

 

もっと驚いたのは、今年の9月までは、

 

このお部屋は「物置き部屋」で開かずの間だったそうです。

 

 

お客様が作業の前にお手紙を下さいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まだ老眼ではないから、ちゃんと読めましたよ(笑)

 

 

 

 

お手紙には、いろいろ書かれていました。

 

私のブログとの出会いは今年の9月だったそうです。

 

 

育児休暇が終わり、仕事復帰されたあと、いろいろあり、

 

 

ご主人様からの「そろそろ自分自身が変わる時期にきているのかもね」とのお言葉。

 

 

お客様は、「自分は何がしたいか?」と考えたところ、

 

 

「何か分からんけどスッキリしたい!」という所にたどり着いたそうです。

 

 

 

 

 

整理収納で、家を快適な場所に変えるだけで人生を幸せに変えられるのか??

 

半信半疑だったそうですが、お客様は行動を起こしました。

 

 

それからは、毎日毎日いらない物は捨て、

 

 

まだ使用できそうな物は、毎週末リサイクルショップへ持って行かれ、

 

 

驚くほどたくさんの物があった床に何も無くなるまで整理し続けたそうです。

 

 

そして、床に何もない部屋を見て、

 

 

子どもの頃からの憧れだった「素敵な部屋」を実現するべく、

 

 

クッションフロアを敷き、ネットでお洒落な照明やソファーを購入され、

 

 

今まで物置部屋だった場所が、今では、一番のお気に入りの場所になったそうです。

 

 

 

 

 

お部屋を綺麗にしたら、人を呼びたくなり、楽しい時間が増えたそうです。

 

お客様が、「今の私は、9月の頃より確実に幸せです。

 

 

整理収納ってすごい力を持っているのですね。」と書いてくださってました。

 

 

でも一番すごいのは、「行動を起こして、思い切って整理されたお客様」ですよね。

 

 

 

 

 

そして、このようにも書かれていました。

 

家を整理収納するということは、

 

 

きっと自分を整理収納することなのではないかと思うようになりました。

 

 

「あるべき物をあるべき場所へ置く」

 

 

「必要のないものは感謝をもって手放す」

 

 

「自分の管理できる量の物を持つ」

 

 

この行為が自分を見つめる指針になった気がします。

 

 

 

 

 

 

このお客様に限らず、多くの方が要らないモノを頑張って手放し、

 

お気に入りのモノだけに囲まれ、毎日を幸せに暮らしていらっしゃいます。

 

 

でもまだまだ多くの方が、要らないモノを置く、物置部屋を作り、

 

 

たくさんの使わないモノ、もう必要のないモノに囲まれ、

 

 

気分もスッキリしないまま過ごしています。

 

 

 

 

 

モノを捨てる罪悪感、もったいないという気持ちもあるでしょうが、

 

使わないモノです、要らないモノです。

 

 

いつか捨てるなら、早く手放して、今日のお客様のように、

 

 

大好きなお家で、ご家族仲良く、幸せな毎日を過ごしていただきたいですね。

 

 

 

 

 

お子様のおもちゃコーナーを、手作りで素敵にかわいく作られていましたので、

 

次回ご紹介いたしますね。100点満点のおもちゃコーナーです。

 

 

  昨日、遠方の方から、電話アドバイスのご依頼をいただきましたが、   「少しずつ片付けていますが、まだまだ道のりは遠いです。」と書かれていました。  私のお返事は、  「道のりは遠くても、歩き続けていれば、必ず目的地ににはたどり着けますよ。」ということ ...
続きを読む

 

 

昨日、遠方の方から、電話アドバイスのご依頼をいただきましたが、

 

 

 

「少しずつ片付けていますが、まだまだ道のりは遠いです。」と書かれていました。

 

 

私のお返事は、

 

 

「道のりは遠くても、歩き続けていれば、必ず目的地ににはたどり着けますよ。」ということ。

 

 

道のりを遠くするのも、近くするのも、その人次第ですよね。

 

 

 

 

 

もう、モノがいっぱいで、片付かない部屋は嫌だと、

 

今まで、「使わないけど、捨てられなかったモノ」を潔く、バンバン手放せれば、

 

 

道のりもあっという間でしょう。

 

 

反対に、スッキリきれいな部屋が理想だけど、

 

 

「使わない、要らないモノだけど、捨てられない。」

 

そんな方は、永遠に目的地にはたどり着けないんですよね。

 

 

だって、同じ場所で、ずっと足ふみだけしているようなものだから、

 

前に進めていないわけですからね。

 

 

 

 

 

要らないモノを手放しながら、前へ進むと、見える風景が変わってきます。

 

目的地が近くなると、走り出したくもなります。

 

 

そうやって必ず、ゴールにたどり着けますから。

 

 

「要らないモノは一度リセットしましょう。」

 

 

使えるモノを捨てる罪悪感はあるでしょう。

 

 

部屋がきれいに片付いたあとには、

 

 

これからは、モノを捨てないで済むような、

 

 

モノの買い方、モノの持ち方をすればいいのですよ。

 

 

 

 

 

 

こちらのお客様 も遠方の方で、

 

以前アドバイスのみのビフォーアフターをご紹介しましたが、

 

 

あれからも大きいお家だから大変だったでしょうが、頑張り続けられ、

 

 

先日、アフターのお写真をまた送ってくださいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あと、リビングのテレビボードの中などのお写真もいただきましたが、

 

 

 

どのお写真も、整然と整えられていて、気持ちよい空間でした。

 

 

今回、食器棚の細かい場所、洋服のことで、アドバイスのご依頼をいただきましたが、

 

 

自分でやってみて、分からないことは聞く、そしてまた自分でやってみる、

 

 

その繰り返しで、自分の手で、自分の納得いく形を作られていくと、

 

 

家が愛おしく、大好きなモノになるでしょう。

 

 

大好きになれば、もうモノを増やして、散らかった家には戻れないと思います。

 

 

昨日こんなメールをいただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

家を大好きになるには、大好きなモノだけを厳選して持つことです

 

 

 

生活していると、モノは増えてきます。

 

 

でも必要なモノの量、管理できるモノの量は、そんなに増えないから、

 

 

「これ使っている??要るの??」って、いつもモノに意識を向けてくださいね。

 

 

 

 

いつも言っていますが、どんな家でも片付きます。

 

片付けができなかった人でも、片付け方が分かると、片付けられますので、ご安心を!

 

 

  片付けが苦手だからと気にすることはないですし、   今までが片付けができなくても、片付け上手にはいくらでもなれます。  その証拠に、過去片付けが苦手で、片付けられなかった方が、  今、片付けの仕事をされている方も多いですから。     なぜ、片付けを ...
続きを読む

 

 

片付けが苦手だからと気にすることはないですし、

 

 

 

今までが片付けができなくても、片付け上手にはいくらでもなれます。

 

 

その証拠に、過去片付けが苦手で、片付けられなかった方が、

 

 

今、片付けの仕事をされている方も多いですから。

 

 

 

 

 

なぜ、片付けを難しく感じるかですが、

 

パズルを例えにしますと、

 

 

たとえば、1000、2000ピースのパズルなんて、訳わかんなくて、

 

 

とても難しく感じますよね。

 

 

でも、お子様がされるような、簡単なパズルだったら、お子様だってできるから、

 

 

難しくなんてないですよね。

 

 

 

 

 

だから、整理をして、要らないモノを減らし、必要なモノだけにすると、

 

モノの数がすごく減るから、いろいろ考えられるようになり、

 

 

片付けも難しくなくなるわけです。

 

 

 

 

 

 

ビフォーアフターで言うと、

 

ビフォーのこの状態では、片付けが難しく感じます。

 

 

こちらのお客様 で、モニター様ですので、写真掲載の許可はいただいております。ありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このままでは、何が何だか・・・って感じなので、

 

 

 

すべてを出して、必要なモノだけを選んでいだだくと、これだけになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

ここまでは、ざっとの整理です。(時間が限られているから、ここだけに時間はかけられません)

 

 

 

ここから、それぞれのファイルケースの中をさらに整理していただき、

 

 

紙切れ1枚も要らないモノはないって言えるくらい、整理できれば、

 

 

探すこともなくなりますし、必要なときにはすぐに取り出せますね。

 

 

見た目を整えていくのは、最終段階でいいです。

 

まず、要らないモノをどんどん減らしていくことです。

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらも必要で残すモノはこれだけです。

 

 

 

今はネットの時代で、パソコンや携帯があれば、調べものできますから、便利になりましたよね。

 

 

意外とあっさり、これだけに減りました。

 

 

 

 

 

こうやってモノが減ると、分かりやすいし、気分も軽くなりますよね

 

パズルのピースが1000から、100になった感じですから。

 

 

ここから、ここの収納をまた作っていきますが、アフターはまたとして。

 

 

 

 

 

 

他のお客様もそうですが、

 

こちらのお客様 は、その後、ブログを始められ、

 

 

ご実家や、職場を居心地よく、片付けられているようです。片付けは面白いですからね。

 

 

 

 

 

 

そして、こちらのお客様 も、先日、その後のお写真を送ってくださいました。

 

 

 

 

 

 

 

こちらは、使われない玄関の横の低い出窓なのですが、

 

 

 

ご主人様のモノがいろいろを置かれ、ごちゃごちゃ見えるということと、

 

 

ホコリがかぶるので、掃除もしにくいということで、

 

 

まとめる、隠すということをご提案し、

 

 

お客様ご自身できれいに掃除しやすく、整えられました。

 

三段ボックス右の収納ケースはなくせるように、さらにモノの見直しをされるようです。

 

 

 

 

お客様は、「片付けがラクになり、片付けの苦手意識が小さくなった気がします。」

 

とおっしゃっていました。

 

 

お子様方も、自分のおもちゃは自分のカゴに入れればいいだけになったので、

 

 

自分で片付けられるようになったそうです。

 

 

 

 

 

家具配置もスッキリすれば、気分もスッキリすることでしょう。

 

ビフォーは、大きな家具が部屋を仕切っていました。

 

 

 

 

 

 


 

 
 

 

 

 

 

 

タンスの向かい側は、ご主人様の寝室になっていましたが、

 

 

 

 

ご主人様のお部屋は他に作り、

 

 

こちらは、洋服をまとめ、管理しやすくしました。同じ方向のアフターです。

 

 

 

 

 




このお部屋も仕切るモノがなって、広くなり、お子様が伸び伸びと走り回ったり、

 

今まで通り、マットの上で遊んでもいいでしょう。

 

 

要らないモノがなくなり、お部屋を広くするように家具配置をすると、

 

 

お部屋もスッキリ、頭の中もすっきりし、片付けの苦手意識もなくなると思います。

 

 

 

 

 

片付けは難しくはありません。

 

難しくさせているのは、要らないモノをためすぎて、モノが多くなりすぎたからです。

 

 

要らないモノさえ、手放し減らしていければ、

 

 

片付けは本当に簡単で楽しいものです。

 

 

だって、きれいで、広くて、生活しやすいお家って、嬉しくて、ワクワクしますよね。

 

 

 

誰でも、「片付け力は身につきます!片付け力は上がります!」

 

 

  今日は、20年のお付き合いがある、ママ友からのお願いで、   子供の同級生が、二人目を出産なので、家を片付けて欲しいということで、  今日は、6時間の整理収納作業に行っていました。     若い方は、まだ新米主婦なので、家の片付けのこともわかるはずも ...
続きを読む

 

 

今日は、20年のお付き合いがある、ママ友からのお願いで、

 

 

 

子供の同級生が、二人目を出産なので、家を片付けて欲しいということで、

 

 

今日は、6時間の整理収納作業に行っていました。

 

 

 

 

 

若い方は、まだ新米主婦なので、家の片付けのこともわかるはずもなく、

 

モノは多くないけど、適当にモノを置いていることが多いです。

 

 

若い方に限らず、モノを適当に置くから、片付かないのでしょうし、

 

 

どこに何があるのか分からないのだと思います。

 

 

 

 

 

でも、若いからなのか、「整理」の早いこと。

 

お母さんが、「これ要るの?」「これ使うの?」と聞くと、

 

 

何の迷いもなく、「要る、要らない」「使う、使わない」

 

 

そのどちらかの答えしかないから、

 

 

要らないモノはお母さんがどんどんゴミ袋にまとめていき、

 

 

要るモノは、私はどんどん収納していき、

 

 

整理の決断が早いと、どんどん片付くから、面白いです。

 

 

 

 

 

反対に片付けが進まない場合は、

 

整理しながら、「使わないんだけど・・・」で動きが止まられると、

 

 

私も止まってしまうから、片付けが進まなくなります。

 

 

なので、「迷うなら、まだ置いとかれていいですよ」と、

 

 

次から次に、止まることなく、モノの確認、整理をしていただきます。

 

 

 

 

 

おひとりで整理されるときも、「迷うモノ」で止まらず、

 

迷えば、あとで考えてもいいから、迷わず手放せるモノから、

 

 

どんどんモノを減らしていってくださいね。

 

 

そうやって、どんどんモノが減ると、スッキリしてくることが気持ちよくて、

 

 

迷っていたモノも、「もういいや」って、手放せたりします。

 

 

 

 

 

整理の基準は、「使っているか、使っていないか」で、

 

使うモノだけを残されたら、それだけでお家はスッキリすることでしょう。

 

 

「要るか、要らないか」だと、「使わないけど、要る」となって、

 

 

なかなかモノが減らずに、結局、お家もスッキリしないってことになります。

 

 

 

 

 

お家を片付けたい、お家をスッキリさせたい方は、

 

使っているモノ、先で必ず使うモノ、使わないけど大切なモノだけがあれば、

 

 

毎日が快適にラクに暮らせ、心も豊かでいられると思います。

 

 

整理の仕方で、家の片付き方が変わります。

 

 

使わないモノを手放しても、生活に困ることはないから、ご安心くださいね。

 

 

  今日の午前中は、電話アドバイスの仕事でしたが、   電話アドバイスでは、作業ができないので、送っていただいたお写真を拝見しながら、  片付け方をお伝えしたり、モノの持ち方をお伝えしたり、  どのように家具配置をすればいいとか、  どのようにしていけば ...
続きを読む

 

 

今日の午前中は、電話アドバイスの仕事でしたが、

 

 

 

電話アドバイスでは、作業ができないので、送っていただいたお写真を拝見しながら、

 

 

片付け方をお伝えしたり、モノの持ち方をお伝えしたり、

 

 

どのように家具配置をすればいいとか、

 

 

どのようにしていけば、スッキリしたお部屋になるのか、

 

 

お客様の暮らし方をお聞きしながら、ご提案、アドバイスさせていただきます。

 

 

 

 

 

まず見た目が肝心なので、見える部分を中心にお話ししていきます。

 

今日のお客様に限らず、100円ショップの収納用品大好きな方は多いと思います。

 

 

私ももちろん使っていますよ。

 

 

でも気をつけていただきたいのは、

 

 

見える場所に、多くプラスチックのカゴや収納用品を使うと、

 

 

お家が安っぽく、見えてしまうことですね

 

 

せっかくの立派な家、素敵なお家が、もったいないことになります。

 

 

 

 

 

 

私は、部屋に観葉植物を置いていますが、

 

観葉植物の鉢も、プラスチックのモノは買いません。

 

 

オシャレな、鉢に移し替えるとか、カゴをで隠すとかは面倒だからできません。

 

 

 

 

 

もしプラスチックのカゴなどを置きたい時には、せめて白か半透明にするとか、

 

色物が好きなら、同じ色で揃えるとか、

 

 

色も形もバラバラなモノをたくさん置くと、

 

 

スッキリきれいに見えないような気がします。

 

 

 

 

 

 

素敵なお部屋にしたいのなら、素敵なモノを置いた方がいいですね。

 

数多くなくていいから、素敵なモノをちょっと。

 

 

飾りモノも多すぎると、ただゴチャゴチャに見えるだけです

 

 

お気に入りをちょっと・・・とても素敵な見せ方だと思います。

 

 

 

 

 

ファッションでもそうですね。

 

お手頃に着れるモノと素敵なモノをバランスよく組み合わせながら、

 

 

ゴチャゴチャさせずにスッキリまとめれば、品よく見えると思います。

 

 

年齢が高くなれば、ちょっといいモノも持たれれば、

 

 

姿勢、しぐさも変わったりするものです。

 

 

お部屋も自分も、見せ方次第で、よくも悪くもなるから、気をつけたいものですね。

 

 

  すべてに目的があると思います。   痩せたい人は、痩せたいのが目的であるけど、  もっと深いところの目的は、痩せてきれいになって、オシャレをしたいとか、  病気になったら、人生楽しめないから、健康維持して、人生を楽しみたいからだとか。     片付け ...
続きを読む

 

 

すべてに目的があると思います。

 

 

 

痩せたい人は、痩せたいのが目的であるけど、

 

 

もっと深いところの目的は、痩せてきれいになって、オシャレをしたいとか、

 

 

病気になったら、人生楽しめないから、健康維持して、人生を楽しみたいからだとか。

 

 

 

 

 

片付けたい人にも目的はありますよね。

 

ただ片付けたい、きれいにしたいだけでなく、

 

 

スッキリ片付いた家で、毎日の家事をラクにし、

 

 

ラクになってできた時間を家族との時間や、自分の時間にあて、人生を楽しみたいとか。

 

 

散らかっているから、無駄買いやストレス買いをしてしまうから、

 

 

片付けて、ストレスをなくし、お金もためながら、人生の幸せのためにお金を使いたいとか。

 

 

 

 

 

そして、私たち片付けの仕事をしている人にも目的はありますね。

 

「お客様に喜んでいただけて、ご満足していただけることを目的」に頑張っていきたいですね。

 

 

 

 

 

昨日のお客様からご感想メールをいただき、

 

ご満足いただけてよかったと、ほっとします。

 

 

 

 

 

 

 

 

お客様にご満足していただけるって難しいことだと思います。

 

 

 

 

きれいにすればいい、素敵な収納用品を揃えればいいってわけではなく、

 

 

たとえば、高いお金を払って8時間作業しても、

 

 

こんなに片付いた、これだけしか片付かなかった、ってあると思うし、

 

 

きれいにしても、使いにくいとなれば、生活がラクにはなりません。

 

 

私たちも、お客様から安くはない作業代金をいただいているから、

 

 

ご満足いただき、お客様の暮らしがラクに快適になるようにもっと頑張りたいですね。

 

 

 

 

 

 

昨日の終了2時間前で、

 

とにかく片付けようとお客様と頑張ったお子様のお部屋のビフォーアフターです。

 

 

※モニター様ですので、写真掲載の許可はいただいております。ありがとうございました。

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本棚は、一番下は何も入れず、よく見るマンガは上の方です。

 

 

 

 

時計も移動していただきます。

 

右の2つのカバン、帽子かけと引出しケースはやめて、

 

別の部屋の洋服ラックを持って来ていただく予定です。

 

 

洋服ラックがあると、クローゼットには、

 

シーズンオフのモノ、あまり着ない、使わないモノをしまい、戸はいつも閉じておいて、

 

毎日の支度は、洋服ラックにかけている制服と、ラックに合った引出しケースを置き、

 

 

そこから、靴下や、体操服の用意も出来ます。

 

 

カバン用の専用フックもつければ、カバンもサッとかけれます。

 

 

帽子もフックか、洋服ラックの棚上に置かれたらいいでしょう。

 

あまり使わないバッグ、帽子は、クローゼット上でいいですね。

 

ベッドした収納ケースも、元々このようにするために買われたそうです。

 

 

一番左は机に重なっているので、使うことがあまりないモノを入れていただき、

 

 

時々掃除がてら、見直しをされたらいいでしょうね。

 

 

 

 

 

 

あとは、お子様の使い勝手を考えながら、位置を変えていかれたらいいですね。

 

ここまで形が出来れば、お子様もお客様もいろいろ考えられると思います。

 

 

壁には、お子様が飾りたいモノを飾っていただきます。

 

 

そうやって、お子様にも、自分の部屋を好きになっていただき、

 

 

自分の部屋をきれいにしたいと思っていただければいいですね。

 

 

まずは、片付けやすい形作りですね。

 

 片付けられない理由に「忙しくて時間がない」という方も多いでしょう。 私もその昔、臨月までは、フルタイムで働いていたので、  その頃は時間の余裕がなく、掃除が行き届いていなかったですね。  モノは昔から少ないから、散らかってもすぐに片付きます。      ...
続きを読む

 

片付けられない理由に「忙しくて時間がない」という方も多いでしょう。

 

私もその昔、臨月までは、フルタイムで働いていたので、

 

 

その頃は時間の余裕がなく、掃除が行き届いていなかったですね。

 

 

モノは昔から少ないから、散らかってもすぐに片付きます。

 

 

 

 

 

お客様も片付けを依頼したい気持ちがあっても、忙しくてそこまでもたどり着けない・・・

 

そんな方は多いです。

 

 

明日お伺いする方も、最初にご連絡いただいて、どのくらい経ったでしょう。

 

 

やっとお会いできます。

 

 

 

 

 

お話しを聞くと、1日では片付かないと思いますが、

 

お家を拝見して、これからどうして行かなければいけないか、

 

 

モノの持ち方、家の整え方、暮らし方、

 

 

片付かないには、いろんな原因があります。

 

 

でも時間はかかるかもしれませんが、家は必ず片付きます

 

 

片付かないとしたら、片付ける気がないか、行動をしないかだけです。

 

 

本気で片付けたい時は、必ず行動します。

 

 

時間だって何とか作るでしょう。 

 

 

時間はみんな平等ですし、忙しい人はたくさんいますしね。

 

 

 

 

 

 

違う方がこのように言われていました。

 

「片付けることで 今の心理状態も、健康ももっとよくなるような気がする・・・ 

 

でもその日は 永遠に来ず、このまま年老いていくのでしょうか?」

 

この方もお忙しくて、なかなか都合が合わず、まだお伺いできていないのですが、

 

 

私のお返事は、「心配されなくても、片付けなんて難しくないから、

 

 

片付け始めたら、いくらでも片付きますよ」ということです。

 

 

 

 

 

片づけで悩まれる方も多いですが、そんなに深刻にならなくてもいいと思います。

 

長い人生、いろんな理由で、できないこともあるけど、

 

 

家1軒を片付けるのは、そんな大変なことではないですからね。

 

 

できないときは、しょうがないし、

 

 

できるときには頑張っていただければいいと思います。

 

そして、家中整理し、家が整うと、それからは忙しくて一時的に散らかることがあっても、

 

 

片付けやすくなりますから、暮らしはとてもラクになりますよ。

 

 

  私たち整理収納アドバイザーは、   お客様の「片付かない」「家事動線が悪い」「快適でラクに暮らしたい」  そんな想いをうけて、お客様のお家をどう変えていけば、  お客様家族が、暮らしやすく、毎日を笑顔で過ごしていただけるだろうかと  考えて考えて、整 ...
続きを読む

 

 

私たち整理収納アドバイザーは、

 

 

 

お客様の「片付かない」「家事動線が悪い」「快適でラクに暮らしたい」

 

 

そんな想いをうけて、お客様のお家をどう変えていけば、

 

 

お客様家族が、暮らしやすく、毎日を笑顔で過ごしていただけるだろうかと

 

 

考えて考えて、整理収納をしていくわけですが、

 

 

こんだけ頭を使ったら、ボケないと思います(笑)

 

 

 

 

 

今日は、タオル収納の不便を変えていきます。

 

洗面脱衣所にタオルを置けるお家もあれば、置けないお家もあります。

 

 

こちらの記事 のお客様の場合ですが、タオルはこの引き出しケースに入っていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

鏡に写っているのは私です、仁王立ちのように足を開いてますよ~笑

 

 

 

大きなバスタオルは、隣のタンスの中です。

 

 

 

 

 

 

 

 

この状態だと、ズボラの私はこう思います。

 

 

 

毎日出し入れするのに、一番下の引出しはしんどいだろうな~。

 

 

引出しが浅いから、小さく折りたたむのは面倒だろうな~。

 

 

ですので~、ラクな位置でラクに出し入れできるように変えていきます。

 

 

場所は、家の中心のここに持ってきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

この場所は、お客様が私がお伺いするまでに、

 

 

 

この状態↓から頑張ってきれいにして下さいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

一番便利な場所なのに、どう使っていいか分からないというお悩みでした。

 

 

 

ここの途中アフターはこのような感じです。

 

 

 

 

 

 

 

 

ご主人様のモノはご主人様のスペースにすべて移動し、

 

 

 

ここは、袋で管理されていた奥様のお洋服、

 

 

上のお子様と、来年お生まれになる下のお子様の洋服などを管理していきます。

 

 

この下は奥行きがあるので、奥行74センチの収納ケースを

 

 

横4列、縦3段、引出しケースを購入していただき、

 

 

ご家族3人のモノを使いやすく収納していきます。

 

 

ハンガーラックに洋服をかけたときにカゴがあたらないように、カゴは横向きです。

 

 

 

 

 

そして、タオルですが、

 

上に上げた引出しケースは、抜け落ちない安心のモノですので、

 

 

このケースの下の一番ラクな姿勢で取れる場所に、このようにタオル収納しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

手前がよく使うモノ、奥がストックですね。

 

 

 

下着とタオルを持ってお風呂に行くって感じですね。

 

 

ここの場所は、左半分は、奥様のモノだけ、

 

 

右下はお子様のモノだけ、上は家族で使うモノと分ければ、管理はすごく簡単です。

 

 

そしてここに入るだけのモノを厳選していかれるから、モノも増えすぎないでしょう。

 

 

モノの場所を決め、持てる量を知り、時々整理しながら、

 

 

出したモノは必ず元の場所に戻す!

 

 

そうしたら、家が片付かないってことはないですよね。

 

 

 

 

 

片付かなくなるとしたら、

 

置けないのに、モノを増やす、使わなくなった、要らなくなったモノもずっと持っている

 

 

使った、出したまま、元に戻さない・・・そんな感じでしょうね。

 

 

 

 

 

 

置き場所、収納が変わるだけで、本当に暮らし方が変わってきます。

 

暮らしにくい、不便、片付かない、そんなお悩みの方は、

 

 

悩む時間がもったいないから、お近くのアドバイザーの方へお願いして、

 

 

ラクに快適に暮らせる仕組みづくりを作っていただいたらいいですよ。

 

 

  今日は、5時間のご依頼をくださったお客様の家に整理収納作業に行ってきました。   5時間はモニター様ではありませんので、お写真はありませんが、  お子様の部屋作りのため、3階のモノを1階へ、1階のモノを3階へ。  エレベーターがありましたので、ラクち ...
続きを読む

 

 

今日は、5時間のご依頼をくださったお客様の家に整理収納作業に行ってきました。

 

 

 

5時間はモニター様ではありませんので、お写真はありませんが、

 

 

お子様の部屋作りのため、3階のモノを1階へ、1階のモノを3階へ。

 

 

エレベーターがありましたので、ラクちんでした。

 

 

 

 

 

5時間の予定でしたが、お客様からご質問をいろいろいただきましたので、

 

2時間延長で、ずっとお話ししていましたが、

 

 

お話しの内容は、「必要だけど、そんなに必要ではないですよ。」と言うことです。

 

 

 

 

 

モノが多いお家は、ほぼそうなんですが、

 

キッチンで言うと、お鍋も、お弁当箱も、タッパも、食品ストックも、調味料も他にも

 

 

いろいろ必要なんだけど、それぞれの数が多いんです。

 

 

 

 

 

お鍋も山のように要らないし、そんなに使えませんね。

 

お弁当箱もひとり1個あれば大丈夫なんです。

 

 

タッパも大量には要らないし、かさばらず、場所を取らないタッパにされたらいいし、

 

 

食品ストックも必要なら、すぐに買える時代だから、たくさん持つ必要もないし、

 

 

食べるために買ったなら、早く食べればいいでしょう。

 

 

文房具も、のりもたくさん要らない、ボールペンも何本も要らない。

 

 

思い出や過去もモノも、たくさん残しても、これからだって思い出のモノは増えてきます。

 

 

ここに置けるだけと決めて、増やし過ぎないようにしないと、

 

 

過去のモノに埋もれて、今が生活しにくくなります。

 

 

 

 

 

 

お客様が言われていました。

 

「モノが多いと頭が整理できないし、疲れます」と・・・

 

 

私もそうです。モノが増えてくると、疲れます。

 

 

ヤル気がなくなり、片付けるのもイヤになります。

 

 

モノが減ると、ヤル気も出るし、もっと片付けたくなります。

 

 

これは皆さま、同じだと思います。

 

 

 

 

 

子育てで忙しい、仕事で忙しい、年齢とともに、疲れやすくなります。

 

モノは少ない方が本当にラクです。ラクに生きていただきたいと思います。

 

 

 

 

お鍋は使うし必要だけど、そんなに要らない。

 

洗剤は使うし必要だけど、そんなに要らない。

 

 

下着もないと困るけど、そんなに要らない。

 

 

 

 

必要な数を考え、同じモノをたくさん持ちすぎないようにして 

 

快適にラクに暮らしていただければと思います。