シンプルに片付ける!素敵でラクに暮らせる部屋づくり

広島の整理収納アドバイザーのakikoです。全国のお客様に作業や電話で整理収納のアドバイスをしています。ビフォーアフターを多数掲載。ラクに暮らすための整理収納の仕方、暮らし方、考え方をお伝えしています。

2014年10月

  お家の顔である玄関は、まず片づけた方がいいですが、   主婦にとって片付いていると嬉しい場所は「キッチン」ですよね。  朝昼晩、食事の支度をするのに、片付いているか、片付いていないか、  使いやすいか、使いにくいかで、主婦のストレス、労力は違うのでは ...
続きを読む

 

 

お家の顔である玄関は、まず片づけた方がいいですが、

 

 

 

主婦にとって片付いていると嬉しい場所は「キッチン」ですよね。

 

 

朝昼晩、食事の支度をするのに、片付いているか、片付いていないか、

 

 

使いやすいか、使いにくいかで、主婦のストレス、労力は違うのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

皆さまは、下のビフォーアフターのキッチンを見られて、

 

どちらが家事がスムーズに出来そうですか?

 

 

どちらがキッチンに居るのが楽しくなりそうですか?

 

 

どちらが掃除が簡単に出来そうだと思いますか?

 

 

※モニター様ですので、写真掲載の許可はいただいております。ありがとうございました。

 

 

〈ビフォー〉

 

 

 

 

 

〈アフター〉

 

 

 

 

 

 

私は、必要なモノしか置かないという片付けが好きなので、

 

 

 

ここの場所には、電子レンジだけが必要ですね。

 

 

では、野菜はどこに置くか?使いたいパン焼き機はどこに置くか?ですが。

 

 

それらの置き場所は、キッチンによって違うので、そのお家お家で場所を考えますが、

 

 

こちらのお家は、冷蔵庫の奥にこのような収納スペースがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

冷蔵庫の裏側には、このような棚もありました。

 

 

 

 

 

 

 

使いたいモノをしまい込んだら、出し入れが面倒になって、

 

 

 

結局使わなくなってしまいがちなので、すぐ使える場所に置くことも大事です。

 

 

ということで、このオープン棚に、

 

 

お客様が使われたい、パン焼き器、ミキサーを置かせていただきました。

 

パン焼き機の奥には、大きな箱に入ったパン用の粉も置いています。

 

 

 

 

 

 

 

 

コードなどは気になれば、板に少し凹みを作って、後ろに通したら、

 

 

 

 

見た目がスッキリするでしょうねとお伝えしています。

 

 

 

 

毎日の家事、生活の中で、使っているモノはそんなにありません。

 

ラクに快適に暮らすためには、よく使うモノ、使いたいモノが、

 

 

すぐに使える場所に、出し入れしやすい状態で置かれていたほうがいいです。

 

 

そして、必要ないモノは置かない・・・それだけで、空間はスッキリし、

 

 

家事はスムーズに出来るし、掃除も簡単、管理も簡単となり、

 

 

毎日の暮らしが、ラクだな~、快適だな~、幸せだな~となるんですよ(^-^)

 

 

  今日は、お客様とお買物に行き、 購入されたのは、「トゥモロ―ランドのキャメル色のアウター」 「ダイアナでブーティ」  「ガリャルダガランテのコットンパールネックレス」の3点です。  ネックレスは、私とお揃いで、いろんなお洋服に合わせやすい、私もお気に ...
続きを読む

 

 

今日は、お客様とお買物に行き、

 

購入されたのは、「トゥモロ―ランドのキャメル色のアウター」 「ダイアナでブーティ」

 

 

「ガリャルダガランテのコットンパールネックレス」の3点です。

 

 

ネックレスは、私とお揃いで、いろんなお洋服に合わせやすい、私もお気に入りのモノです。

 

 

ブーティは、お客様に合わせて、ヒールは少し低めですが、

 

 

脚がきれいに見える、シンプルなモノなので、合わせやすく、長く履けるモノです。

 

 

キャメル色のアウターは、普段にも気軽に着れる、

 

 

お客様の身長に合わせて、お持ちのボトムスにも合うようなモノをおすすめいたしました。

 

 

 

 

 

ランチはアクタス内の景色のいいお店で、美味しいカレーをいただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日のタイトルの「いろんな無駄を少なくする」ですが、

 

 

 

先日の静岡県のお客様がメールを下さいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

「無駄な物、無駄な時間、無駄な思考」と書かれていますが、

 

 

 

家に要らないモノを多く置いておくと、本当にいろんなことを無駄にしてしまいます。

 

 

 

 

モノを探すのに時間がかかる。

 

掃除をするのにも家事をするのにも時間がかかる。

 

 

暮らしのなかでしないでいいことに時間をかけ、ますます忙しくしてしまいます

 

 

 

 

 

使うこともないモノを持っていても部屋を狭くして、部屋が片付かなくなり、

 

生活の邪魔にさえなってしまい、

 

 

使わないモノをもったいないと思うのではなく

 

家族が散らかっている家で毎日を過ごすことが

 

 

人生もったいないことをしているなと、気付いてほしいですね。

 

 

 

 

 

思考もそうです。

 

片付いて快適に暮らしている人は、

 

 

片付けないとって思わない、イライラすることもないし、

 

 

モノも少ないから、モノのこともあまり考えることもなく、

 

 

やるべきことはきちんと考え、あとは楽しいことだけを考えられますよね。

 

 

 

 

 

「整理収納で人生が変わる!」って言われますが、

 

無駄なモノ、無駄な時間、無駄な思考が少なくなれば、本当に人生は変わるでしょうね

 

 

お家を見られて、毎日の生活を振り返って、いろんな無駄があれば、

 

 

家や暮らし方をシンプルに整えられたら、毎日が本当にラクに快適になることでしょう。

 

 

 

 

 

今回は遠方のお客様で、交通費や宿泊費もかかりましたが、

 

これからの長い人生のことを思うと、きっと元は取れると思います。

 

 

ご自身で片付けられないと思えば、費用がかかっても、

 

 

家は暮らしやすく、片付けやすく整えられたら、絶対にいいと思います。

 

 

皆さま、おっしゃいますよ!「早く片付ければよかった」と。

 

 

片付かないストレスが1日でも早く終わればいいですね。

 

 

  静岡県での整理収納作業二日間を無事に終え、   昨晩、最終新幹線で帰ってきました。     今日は、ご同居されている、ご主人様のお父様のお部屋のビフォーアフターです。 いろいろ整理されたそうで、モノの量はとても少なかったです。  ※モニター様ですので ...
続きを読む

 

 

静岡県での整理収納作業二日間を無事に終え、

 

 

 

昨晩、最終新幹線で帰ってきました。

 

 

 

 

 

今日は、ご同居されている、ご主人様のお父様のお部屋のビフォーアフターです。

 

いろいろ整理されたそうで、モノの量はとても少なかったです。

 

 

※モニター様ですので、写真掲載の許可はいただいております。ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

ここから収納を考えていきますが、

 

 

 

お父様は、小柄だそうですので、洋服もかけやすいようにしないと、

 

 

左のタンスに引っかけたり、手前の和室にもあちこちに洋服がかけられていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あとは、下着類が押し入れ上段にたくさんありましたが、

 

あればあるほど、必要なモノを見つけにくくなりますし、

 

 

このように乱れたら、きれいに戻すのも大変になります。

 

 

 

 

これは、お子様のおもちゃなどもそうですね。

 

たくさんあればいいってものでもなく、

 

 

必要なモノが取りやすく、散らかってもすぐにきれいにしやすい量がいいと思います。

 

 

 

 

 

使わなくても捨てられない場合は、使っているモノと一緒に置かず、

 

分けておかれたらいいですね。

 

 

たとえば、お父様の場合、ネクタイはしないけど、少しは残しておかれたいということで、

 

 

必要な喪服用のネクタイは、喪服と一緒に置いておき、

 

 

そのほかのネクタイは、クローゼットにぶら下げておいても、

 

 

ホコリがかぶるし、引出しにしまわせていただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

靴下、ハンカチも少なければ、管理も簡単です。

 

 

 

 

 

 

 

靴下は、洗濯中で1足しか見当たらなかったですが、

 

毎日洗濯されるなら、3足5足あれば十分だし、

 

 

必要であればすぐに買いに行けるわけだし、

 

 

少なく持って、回転よく使用する方が、買い替えが早く、いつもきれいなモノを使えますね

 

 

 

 

 

お父様もご高齢ですし、必要なモノがどこにあるかすぐに分かり

 

すぐに取れるようにと考え、収納を整えさせていただきました。

 

 

まずお洋服は、カーテン用のつっぱり棒を普段用の洋服をかけるために下げ、

 

 

洋服の数もかけすぎないように、よく着られるものだけにし、

 

 

予備は、奥へかけ、あまり着られないスーツなども奥へ並べ、

 

 

ホコリがかぶらないように、簡単な洋服カバーをかけていただくようにお伝えしています。

 

 

ズボンハンガーもシワにならない、かけやすいズボン用のハンガーをおすすめいたしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

下着も置く場所は今までの位置で、季節外の下着はしまい、

 

 

 

今着るモノは、パンツ、シャツ、ステテコの三点セットを作り、そのセットを2つ置いています。

 

 

下着も毎日洗濯できるなら、3枚5枚で十分だし、その方が早く買い替えられるから、

 

 

少なくてスペースも要らない、管理もラク、いつもきれいで気持ちいいですね

 

 

押し入れ全体は、元々モノが少なくから、とてもスッキリです。

 

 

 

 

 

 

 

 

洋服の下が空いていますが、空いているからと言って、

 

 

 

何かを置く必要はなく、この何もない空間が、とても気持ちいいのです。

 

 

 

 

奥の三段ケースは、お父様には出し入れしにくい場所ですので、

 

お父様が出し入れされるモノは入っていません。

 

 

お洋服もかけやすい位置ができたので、手前の和室もこれからは、

 

 

いつもこのようにスッキリされることと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

思いやりがあるから、整理収納をするんです。

 

 

 

家族が毎日を快適に心地よく過ごしてほしい。

 

 

家族が毎日の片付けを少しでも簡単にラクにできるようにしてあげたい。

 

 

探しモノに時間を使うのでなく、楽しいことに時間を使ってほしい。

 

 

 

 

 

いつも思いますが、ビフォーアフターでは、生活の仕方が変わります。

 

整理収納で、きれいに、ラクに、快適に、心地よく、楽しく、幸せに、暮らしを変えてくださいね。

 

 

家族を大切に思うなら、家は片付けないといけないんです。

 

 

  お客様のキッチンは、決してモノは多すぎることはありませんでしたが、   まだまだ減らせることはできるので、一緒にモノの持ち方を考え、  必ず使うモノ、持っておいてもいいと思うモノを厳選していきました。     モノを少なく持ち、シンプルに暮らしていら ...
続きを読む

 

 

お客様のキッチンは、決してモノは多すぎることはありませんでしたが、

 

 

 

まだまだ減らせることはできるので、一緒にモノの持ち方を考え、

 

 

必ず使うモノ、持っておいてもいいと思うモノを厳選していきました。

 

 

 

 

 

モノを少なく持ち、シンプルに暮らしていらっしゃる方はたくさんいらっしゃるので、

 

モノをたくさん持つ必要もないし、少ないモノでもいくらでも豊かに暮らすことはできます。

 

 

万が一、必要になれば、すぐに手に入るし、

 

 

なくても、どうにかする工夫力も身につけたいですね。

 

 

 

 

 

食器棚の隅から隅まで、整理していきました。

 

今回は、お引越しのため、整理収納というより、

 

 

とにかく「必要なモノを選び、それだけを残す」整理作業をしていきました。

 

 

この棚OK! この引き出しOK! ここの場所すべてOK!にしていきます。

 

 

 

 

ビフォーは撮り忘れましたが、食器棚もいつも使っているモノ、

 

気に入っているモノ、思い出の大切なモノだけでこの量になりました。

 

 

食器は重たいモノが多かったので、いつか買い替えるときには、

 

 

もう少し軽く、かさばらないモノもいいですねとお話ししました。

 

 


 

 


 

 

 

 

 

ご家族用、お客様用、たくさんは必要ありません。

 

 

 

お気に入り、使いやすいモノを、マメに洗いながら使えば、困ることもありません。

 

 

コップもありすぎると、洗い物をためてしまうこともあります。

 

 

マメに洗えば、数は必要ないですよね。

 

 

 

 

お弁当箱も、ひとり1個あれば十分です。

 

小さいときに使っていた小さ目のお弁当箱は、大きめのモノに買い替えたときは、

 

 

しまい込まずに、すぐに手放してくださいね。

 

 

お弁当箱、箸箱、お手拭き入れなどは、バラバラにならないように、

 

 

カゴでまとめておかれたらいいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

お客様は、「タッパも使わないから、もう要りません」と言われていましたが、

 

 

 

一応、大中小の各1個ずつ、残させていただき、お引越しのときに、

 

 

やっぱり要らないと思われたら、手放してくださいねとお伝えしました。

 

 

わが家もタッパは使わないですね。

 

 

残すほど、おかずを作らないし、残ったとしても、

 

 

食器にラップをかけて済ませます。

 

 

 

 

 

あと、わが家には、そんなにないモノですが、

 

お客様のお家には、紙皿、紙コップ、大量のペーパーナプキンがありました。

 

 

これらは多くても、お子様のお友達が来られたら、どんどん使われるモノなので、

 

 

空いていたカゴを使わせていただき、グループにまとめながら、しまわせていただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

細々したモノは、カゴにまとめておくと、

 

 

 

お引越しのときも、そのまま箱詰めし、

 

 

到着後も、そのまま、棚に置かれたら、片付けもすぐに完了ですね。

 

 

キッチンでこれだけ手放すことができたので、お引越しもだいぶんラクになると思います。

 

 

 


 

 

生活には、モノは必要です。

 

必要なモノはなければいけませんが、

 

 

使わなくなったモノは、もう必要ないので、持っておく必要がありません。

 

 

その時に、手放せるか、そのまましまい込んでおくかで、

 

 

いつもスッキリ片付いているお家でいられるのか、

 

 

モノが溢れて、片付かない、生活がしにくい家になってしまうかに分かれていきます。

 

 

 

 

 

皆さまは、使わなくなったモノを、すぐに手放せる方ですか?

 

それとも、もったいないと思って持ち続けますか?

 

 

必要のないモノを持っておくことで、いいことはひとつもありません。

 

 

家が狭くなり、片付かなくなり、探しモノも多くなり、家族みんながイライラするかもしれません。

 

 

 

 

 

まだ使えるからといって、必要でなくなったモノを大事に持っておかないで、

 

使わなくなった、必要でなくなった時点で、すぐに手放すようにし

 

ご家族が毎日心地よく、快適に過ごせることを大事にしてくださいね。

 

 

  皆さま、片付けは大変、面倒だと思われるかもしれませんが、   お家全体を見たり、考えたりすると、気が遠くなりそうですが、  私が片付けるにしても、一箇所ずつやっていくわけです。  たくさんの場所があれば、大変ですが、  ひとつひとつ整えていかれたら、 ...
続きを読む

 

 

皆さま、片付けは大変、面倒だと思われるかもしれませんが、

 

 

 

お家全体を見たり、考えたりすると、気が遠くなりそうですが、

 

 

私が片付けるにしても、一箇所ずつやっていくわけです。

 

 

たくさんの場所があれば、大変ですが、

 

 

ひとつひとつ整えていかれたら、必ず、お家全体が整い、終わりますよね。

 

 

 

 

 

時間がないからできないと言っても、

 

15分、20分くらいの時間を作ろうと思えば、いくらでも作れるはずです。

 

 

その隙間時間で、いろいろできることはあると思います。

 

 

 

お客様との片付けも終盤、

 

 

お客様がお子様の習い事でお家を留守にされる20分くらい、

 

 

大掛かりに、何かはできないし、お客様がいらっしゃらないと、

 

 

整理はできないし、さて何をしようかな~と思い、

 

 

ちょうど、ご主人様のお洋服のお話しをしてて、ご主人様のお部屋に居ましたから、

 

 

気になるお洋服を、「たたみ直す」ことだけしました。

 

 

 

 

 

毎日、生活していると、どうしてもモノが乱れてきます。

 

そんなところを隙間時間で整えるだけで、お部屋はスッキリ、

 

 

きれいに整えば、ヤル気も出てきて、もっと片付けたくなります。

 

 

整った場所も見ると、ご家族も気持ちいいでしょう。

 

 

洋服ケースもこのように乱れてきたら、ちょちょいと直します。

 

 

すべてはないですが、ビフォー

 

 

 

 

 

 

 

 

衣替えの時期、出ている洋服の半袖、半ズボンはしまい、

 

 

 

置かれていた場所に、長袖、長ズボンをきれいに並べます。

 

 

 

 

 

 

 

半袖は引出しにしまい、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

半ズボンも集めて、引出しに入れ、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しまう時には、お気に入り、使用頻度を考えながら、

 

 

 

しまう場所を決めていかれたらいいでしょうが、

 

 

今回は、お客様がいらっしゃらなかったので、

 

 

ただ乱れていたモノをたたみ直すということをさせていただきました。

 

 

 

 

 

 

なぜ、ちゃんとたたんだ方がいいのか??

 

私は、変なシワが入らないようにしたいからです。

 

 

シャツなども普段着るのは、かけられるのが一番いいと思います。

 

 

いくら丁寧にたたんでも、シワはできます。

 

 

 

 

 

人は洋服で印象が変わります。

 

変なシワがあることで、だらしなく見られるのはもったいないことですよね。

 

 

洋服は、ただ着るだけではもったいないです。

 

 

印象をよくし、素敵に見えるようにしたいですね

 

 

印象がよい、素敵な人は、「運を引き寄せる」こともありますからね。

 

 

 

 

 

洋服をたくさん持つと手入れ、管理が大変だから、お気に入りを少しの方がいいと思います。

 

数少ないけどすべてお気に入り、手入れが行き届き、大切にされている。

 

 

洋服を見ると、その人が分かるって言われますよね。

 

 

 

 

皆さまはどんなお洋服を着ていますか?

 

ご家族には、どんなお洋服を着せていらっしゃいますか?

 

 

 今回のご依頼は、海外へのお引越しに向けての「整理」が中心です。 お引越しをされる皆さまにお伝えしたいのが、  「要らないモノまで持って行かない」ですね。  モノは少ない方が、お引越しはラクだし、お引越し料金の節約にもなりますしね。     キッチンや洋 ...
続きを読む

 

今回のご依頼は、海外へのお引越しに向けての「整理」が中心です。

 

お引越しをされる皆さまにお伝えしたいのが、

 

 

「要らないモノまで持って行かない」ですね。

 

 

モノは少ない方が、お引越しはラクだし、お引越し料金の節約にもなりますしね。

 

 

 

 

 

キッチンや洋服の整理もしましたが、(次回にお伝えします)

 

お客様がどうしてもやりたい整理は「書類整理」でした。

 

 

これ以上、溜めたくない・・・このまま持って行きたくない・・・

 

 

書類整理は、決して、難しいものでもないし、私は面白いから好きなことなのですが、

 

 

溜めればためるほど、大変になるのは紙類ですね。

 

 

書類整理をしておかないと、損をしてしまう時もあるし、(もらえるはずのお金をもらえないとか)

 

 

大事な書類が見つからないというのも、重大なことですよね。

 

 

ということで、1日目後半は、2階に置かれていました書類と本とアルバムの整理をし、

 

 

※モニター様ですので、写真掲載の許可はいただいております。ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2日目前半は、1階にもありました書類を整理し、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

書類整理が終わり、本当に必要だった書類は、「これだけ」でした。

 

 

 

この中でも分かりやすく、順番にならべ、

 

お客様自身で分かりやすくラベルも貼っていただきました。

 

 

 

 

 

 

 

取扱説明書は、ここには入っていませんが、取扱説明書はなくしてもどうにかなります。

 

 

 

でもこれだけは、本当に重要で大事なモノ

 

 

失くすと二度と手に入らないモノもあります。

 

 

どこにお引越しをされても、何があっても、これだけを大事にされれば大丈夫だし、

 

 

ここから増えることのないように、

 

 

書類の整理の仕方も身につけていただきましたから、

 

 

もうこれからは増えることはないでしょう。

 

 

お客様から、メールをいただきました。ありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

家族への関わり方・・・と書かれていますが、

 

何のために、家を整理し、家を心地よく快適にするのか!

 

すべては、「大切な家族のため」「自分を含め、家族の幸せのため」ですよね。

 

 

 

家のことなんて、難しいことは何もありません。

 

難しく、大変に思うのは、必要ないモノを持ちすぎて、

 

 

モノの多さで、頭の中がこんがらがっているのだと思います。

 

 

 

 

 

家中のモノをすべて整理(必要なモノと必要でないモノを分ける)すると、

 

それだけでスッキリし、暮らしがラクになり、

 

 

モノの持ち方、適性量なども知っていくことで、

 

 

モノも増えることもなく、するべきことがちゃんとできる余裕も生まれ、

 

 

暮らし方、考え方、すべてがシンプルになり、

 

 

毎日が本当にラクで快適で楽しくなると思います。

 

 

そんな暮らしが普通なんです。

 

 

モノの多さに疲れ、家事の大変さに疲れないように、「整理」してみてくださいね。

 

 

 

 

交通費、宿泊費がかかっても、ご依頼くださる遠方のお客様には、

 

有難く、感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございます。

 

 今日は、午前と午後に電話アドバイスの仕事をし、   あとは、ゆっくり家で過ごしています。  このぐうたらに近い、のんびりとできる時間が好きです。  忙しいときと、のんびりできる時間がバランスよくあるのが私の理想です。  仕事をバリバリしたいわけでもない ...
続きを読む

 

今日は、午前と午後に電話アドバイスの仕事をし、

 

 

 

あとは、ゆっくり家で過ごしています。

 

 

このぐうたらに近い、のんびりとできる時間が好きです。

 

 

忙しいときと、のんびりできる時間がバランスよくあるのが私の理想です。

 

 

仕事をバリバリしたいわけでもないし、

 

 

かと言って、暇な毎日は、退屈で面白くないから嫌だし、

 

 

今の生活がとてもバランスがいいので好きです。

 

 

 

 

 

 

ご主人様も奥様もお子様も、外で頑張って、帰ったお家が心地よいと嬉しいでしょうね。

 

今日、ご紹介しますのは、ご主人様のお部屋です。

 

 

昨日のビフォーで、2階にベッド、本棚がありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

右のタンスは、動線的にも必要ですから、このままです。

 

 

 

ベッドは、ご家族の寝室に置けたので、移動しました。

 

 

小さなお子様のかわいい寝顔を見たいですよね。

 

 

そして、隣にある、2つのボックスは、1階にご主人様のお部屋がありましたから、移動です。

 

 

1階のビフォー写真はないのですが、いろいろなモノが置かれていましたので、

 

 

ご主人様のモノだけにし、こんなお部屋にしました。

 


 


 

椅子とマッサージ器はこの位置にありました。そのままです。

 

その隣には、小さなご仏壇がありましたが、

 

 

窓の外は、車がよく通る道で、窓も開けられることがないとおっしゃっていましたが、

 

 

ご先祖様も、落ち着かない窓際より、東向きで落ち着いた場所の方がいいと思うので、

 

 

静かに移動させていただだき、そのあとに、2階にあったボックスを置き、

 

 

椅子に座ってマッサージされながら、好きなゴルフの雑誌を読んでいただけるように、

 

 

椅子のすぐ横に雑誌を置きました。

 

 

 

 

 

ダンベル、バランスボール、ゴルフのパターの練習マット、

 

それだけが置かれているので、お部屋全体を使って、

 

 

趣味を楽しまれ、運動もされたらいいですね。

 

 

そしてこのお部屋の押し入れは、昨日ご紹介しましたが、

 

 

ビフォーはこのような感じでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

モノが少ないから、特に問題はないけど、いろいろなモノがバラバラに置かれているので、

 

左側には、季節のモノをまとめ、

 

 

 

 

 

 

 

 

下の奥は、雛人形の使わないけど、捨てられない台などで、手前は、クリスマスの飾りモノです。

 

 

 

上の段は、五月人形、手前の小さな袋が飾る雛人形です。

 

 

右の透明のケースは、中は触っていませんが、

 

 

スキーや海に行くときのアウトドアグッズです。

 

 

 

 

 

季節モノがまとまっていると、探さなくてもいいし、管理もしやすくなりますね

 

その右のモノは、コタツで使うモノをまとめています。

 

 

この左部分のふすまはいつも閉めていて、よく開け閉めする中央のふすまの方に、

 

 

行き場で困られていた、ご主人様の冬の洋服をラックごと置きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

下の洋服ケースは、隣の部屋の物置部屋に置かれていましたが、

 

 

 

時々チェックをしなければいけない洋服でしたので、

 

 

管理のしやすいこの位置に移動しました。

 

 

物置があるお家は、いいですが、しまい込んで忘れては困るモノは、

 

 

生活の場の収納スペースで管理されるか、

 

 

使用頻度の少し高いモノは、モノ置きでも、入口近くに置かれたらいいですね。

 

 

 

 

 

家族のために頑張って働いてくれてるご主人様の居場所がないお家もありますが、

 

ご主人様が、お家が大好き、くつろげる、幸せな気分になる、

 

 

そんな幸せ空間を作ってあげてくださいね。