シンプルに片付ける!素敵でラクに暮らせる部屋づくり

広島の整理収納アドバイザーのakikoです。全国のお客様に作業や電話で整理収納のアドバイスをしています。ビフォーアフターを多数掲載。ラクに暮らすための整理収納の仕方、暮らし方、考え方をお伝えしています。

2014年08月

  お引越しをされたときは、広いと感じた家が、どんどん狭くなる・・・   部屋にモノを置き始めるから、狭くなるわけですが、  どうしてそんなにモノが増えるんだろうと思ってしまいます。     使っている必要なモノって、部屋を狭くするほどないです。 使わな ...
続きを読む

 

 

お引越しをされたときは、広いと感じた家が、どんどん狭くなる・・・

 

 

 

部屋にモノを置き始めるから、狭くなるわけですが、

 

 

どうしてそんなにモノが増えるんだろうと思ってしまいます。

 

 

 

 

 

使っている必要なモノって、部屋を狭くするほどないです。

 

使わなくなったモノ、使わないモノは、永遠に必要ないのですから、

 

 

いつか捨てるなら、早く捨てて、広いお部屋で快適に過ごしてくださいね。

 

 

 

 

 

たとえば、このように、お部屋のすみに、ちょっと置きたくなりますよね。

 

※お写真掲載の許可はいただいております。ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

でも、先日「災害に備えて」のお話 をしましたが、

 

 

 

もし災害にあったとき、逃げようと慌てたときに、通り道にモノがあると、

 

 

つまずいたり、ぶつかったりするかもしれません。

 

 

テーブルの上のモノが下に落ちて、踏んでケガをするかもしれません。

 

 

こうやって何も置いていなければ、

 

 

 

 

 

 

 

 

日々の生活も快適ですし、

 

 

 

災害のとき、避難するのにも、後片づけのときも違うと思います。

 

 

 

 

で、テーブルとその下にあったプリンターはどこに置いたかと言いますと、

 

このお部屋の押し入れの

 

 

 

 

 

 

 

 

左下のケースを移動し、このようにしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プリンターを使いたい場合は、コロコロって出し、

 

柱左に、コンセントの差込口があるから、すぐに使えます。

 

 

プリンター関係のモノは、押し入れ上段にまとめて置いています。

 

 

 

 

 

テーブルの上のモノは、ビフォーでは、上段のラックの上に置かれています。

 

和室でテレビを観ながら、ちょっと横になりたい、お昼寝したい時に、

 

 

座ったままで、押し入れ開けるとすぐに取れるからラクです。

 

 

いちいち立って、上の方から取るより、便利だと思います。

 

 

 

 

 

先日の豪雨で、広島では大きな災害が起こり、

 

被害に合われた方も多く、胸が痛みます。

 

自分や家族は、自分たちで守るしかないですので、

 

日頃から、災害に備えて、いろいろ考えておきたいですね。

 

  家で収納を変えようと思うときは、   「なんか気になる」「なんか使いにくい」と感じるときです。  以前は使いやすくても、モノが増えることにより、使い勝手が変わることがありますから。     お客様の家でも 「なんか気になる」「なんか使いにくそうだな」 ...
続きを読む

 

 

家で収納を変えようと思うときは、

 

 

 

「なんか気になる」「なんか使いにくい」と感じるときです。

 

 

以前は使いやすくても、モノが増えることにより、使い勝手が変わることがありますから。

 

 

 

 

 

お客様の家でも

 

「なんか気になる」「なんか使いにくそうだな」と感じるところを整えていきます。

 

 

たとえば、洗面脱衣所に置かれているこちらの6段ボックス。

 

 

 

 

 

 

 

 

お客様は、お伺いする前にこのように言われていました。

 

 

 

 

「スプレーやくし、タオルその他を入れています。

 

 

扉がないのでホコリが気になるから、引出し収納がよいでしょうか?

 

 

これは買い替えたいと思っています。どうでしょうか?」とのことでした。

 

 

 

 

 

私の考えは、「この棚、いいと思うけどな」です。

 

毎日のように使っているモノなら、

 

 

しまい込まずに出しておかれるのもすぐに使えていいと思います。

 

 

特にご家族のモノをしまい込むと、今までの習慣もありますから、

 

面倒だと思われるかもしれませんね。

 

 

 

 

出しすぎたら、ホコリを拭くのも大変ですから、

 

あまり使わないモノはしまって、毎日使うモノは出されたらいいでしょうね。

 

 

 

 

一番上に、お化粧品を置くと、見えにくい、使いにくいでしょうから、

 

見えやすい、使いやすい位置に変えます。

 

 

手前に使用頻度の高いモノを置かれたら、いいですね。

 

一番下のストックは、取りやすくするため、見た目をすっきりさせるために、

 

 

収納ケースを使います。

 

 

アフターはこのような感じです。

 

 

タオルは洗濯中です。簡単なたたみ方でいいのです。

 

 

 

 

 

 

 

隣のスチールラックは、なくても困らないし、ない方が、広々するし、

 

掃除も簡単になりますね。

 

 

すっきりとした、シンプルな暮らしが好きです。

 

 

  最近、各地で集中豪雨が多くなりましたね。   近年の異常気象は本当に怖いです。  この辺でも床下浸水、山崩れなど、多くの被害がありました。     大雨、台風、地震・・・自然災害は、私たちにはどうしようもありません。 でも災害のあとは、家によって違う ...
続きを読む

 

 

最近、各地で集中豪雨が多くなりましたね。

 

 

 

近年の異常気象は本当に怖いです。

 

 

この辺でも床下浸水、山崩れなど、多くの被害がありました。

 

 

 

 

 

大雨、台風、地震・・・自然災害は、私たちにはどうしようもありません。

 

でも災害のあとは、家によって違うと思います。

 

 

モノが多いお家は、片付けるのが大変だと思います。

 

 

モノが少ないと被害も小さくてすみますし、

 

 

元の状態に戻すのもそんなに大変ではないと思います。

 

 

 

 

 

地震などは、モノが多いとケガをすることだってあります。

 

モノが倒れてきてケガをし、踏んでケガをし、

 

 

モノでふさがれ、逃げ遅れることだってあるかもしれません。

 

 

要らないモノは買わない、持たないで、

 

 

そのお金でしっかり災害保険に入られたら、安心だと思います。

 

 

 

 

 

これからも地球温暖化が原因かわかりませんが、異常気象はあるかもしれません。

 

私たちには、止めることなんてできないから、

 

 

家族や家を守ることとして、私たちができることは、

 

 

モノが多いことで、家族がケガをしないように、

 

 

モノが多いことで、後片づけが大変にならないようにしたいですね。

 

 

 

 

 

どんなにモノを大切にしていても、災害で失くすことだってあります。

 

大事なのは、モノでなく、人です。

 

 

来てほしくはないけど、災害にそなえた整理、片付けをされることをおすすめします。

 

 

「備えあれば憂いなし」

 

  2泊3日で、大阪の主人の姉の家に遊びに行ってきましたが、   この度、家を建て替えて、長男家族5人も同居することになり、  96歳のおばあちゃんもいて、8人家族での生活です。  昔の家から引っ越すときにたくさんのモノを捨てたそうですが、  長年生きて ...
続きを読む

 

 

2泊3日で、大阪の主人の姉の家に遊びに行ってきましたが、

 

 

 

この度、家を建て替えて、長男家族5人も同居することになり、

 

 

96歳のおばあちゃんもいて、8人家族での生活です。

 

 

昔の家から引っ越すときにたくさんのモノを捨てたそうですが、

 

 

長年生きているとどうしてもモノの多く、捨てられないモノも多いようです。

 

 

 

 

 

でもいつも遊びに行って思うのは、「心地いい家」だということ。

 

モノが多くて落ち着かないってことがまったくないんですね。

 

 

それはなぜかと言うと、モノが多くても

 

 

すべてのモノを大切にしている。

 

 

すべてのモノがきれいで、整然と整頓されている。

 

 

 

 

 

ご年配の方はそういう方が多いですね。

 

収納用品にこだわるとかはまったくないけど、

 

 

古いモノも大切し、いい状態で持ち続けている。

 

 

モノを雑に扱わないし、モノが多くても「丁寧な暮らし」をしている。

 

 

 

 

 

丁寧な暮らしができる人は、めんどくさがりやではありません。

 

時間がなければ睡眠の時間をけずってでも家を片付ける。

 

 

あとでということはなく、すぐに片付ける。

 

 

 

 

 

私は、主人や主人の姉のようにできた人間ではないから、

 

自分に合ったモノの少ない暮らし方をしています。

 

 

モノが多ければ、それだけ時間がかかるようになります。

 

 

 

 

 

モノを多く持っていい人は、

 

マメな人、すぐに動ける人、整頓上手、管理能力が高い人ですね。

 

 

ラクをしたい人、めんどくさがりな人は、自分を知り、

 

 

モノは多く持たない方がラクで楽しい快適生活ができるでしょう。

 

 

 

 

 

モノが多くても、家族が快適に過ごしていれば、いいと思います。

 

モノが多いことが片づかない原因で、快適な暮らしができないのであれば、

 

 

モノを減らしたほうがいいよと言うことですね。

 

 

 

 

家族が幸せで暮らしているなら、それでいいんです。

 

モノが多くてもモノを大切にし、片付けられるなら、持っていてもいいんです。

 

 お客様布団って、皆さまお持ちですか? お客様、泊まられますか?  今日ご紹介しますお客様は、  「お客様布団が必要なときはレンタルします」とおっしゃっていました。  最近はレンタルもありですよね。  管理が要らない、手入れもしなくていいのは、ラクですか ...
続きを読む

 

お客様布団って、皆さまお持ちですか?

 

お客様、泊まられますか?

 

 

今日ご紹介しますお客様は、

 

 

「お客様布団が必要なときはレンタルします」とおっしゃっていました。

 

 

最近はレンタルもありですよね。

 

 

管理が要らない、手入れもしなくていいのは、ラクですからね~。

 

 

 

 

 

年2回必要とか、年1回は必ず使うと言うなら、持っていてもいいでしょうし、

 

しまう場所があるなら、持っていればいいでしょう。

 

 

もう何年も使ったことがない、お客様が来られても泊まることはないなら、

 

 

出番のないお客様布団のために、貴重な収納スペースを使うのももったいないですね。

 

 

 

 

 

わが家は、シングル2組、ダブル1組あります。

 

買ったわけでなく、主人の両親が持っていたなかで、いいお布団を残しました。

 

 

もし布団が足りないときは、近くに住む、姉か母に借ります。

 

 

それか、近くのホテルに泊まってもらうこともできますしね。

 

 

 

 

 

 

それでは、ビフォーアフターですが、

 

こちらのお家はお布団が二部屋にわけて置かれていました。

 

 

こちらと   (モニター様ですので、写真掲載の許可はいただいております)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このお部屋は、お子様のお部屋にされるので、アフターはこちらです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まだモノも少ないから形を作ってはいませんが、

 

 

 

左下のケースには、思い出のモノを入れていっていただきます。

 

 

増えてきたら、厳選していき、

 

 

このケースに収まるくらいで思い出のモノを持たれるのがいいと思います。

 

 

右のケースは、1階の押し入れにあったモノだったかな??

 

 

シーズンオフの洋服入れですね。

 

 

モノが増えてきたときの収納の仕方もお伝えしましたが、

 

 

整理しながらモノを持つと、これだけの収納スペースで十分足りますね。

 

 

 

 

 

あとこちらにもお布団があります。

 

このお部屋の右の押し入れです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

左の物入れは、使いにくそうな位置にあるので、こんな感じでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この場所は、私がお伺いするまでに、お客様が整理され、ほぼ空にしててくれました。

 

 

 

と言うことで、この2か所にお布団をまとめていきます。

 

 

こちら側のアフターは、冬の毛布、敷きパットをそれぞれまとめています。

 

 

 

 

 

 

 

 

電気カーペットのコードは、ぶら下げています。すぐに分かりますね。笑

 

 

 

右側の押し入れは、上は電気カーペット、下の上には、掛布団をまとめています。

 

 

 

 

 

 

 

 

下のケースは、ご夫婦の洋服ダンスに入りきらない洋服を入れています。

 

 

 

もっとたくさんあれば、引出しケースの方が使いやすいけど、

 

 

この量を維持できるなら、わざわざケースを買わなくても、いいと思いますし、

 

 

上をあけといて、しまう前の一時置き場にされたらいいでしょうね。

 

 

 

 

 

モノを整理していくと、あちこちに空間の余裕ができてきます。

 

ぎゅうぎゅうに入っているのと、余裕があるのと、どうですか?

 

 

見た目もすっきり気持ちいいですし、使いやすさも違うでしょうね。

 

 

 

 

 

快適な暮らしのためには、空間の余裕も、心の余裕も必要です。

 

本当に必要なモノに厳選できると、自然に余裕は生まれてきますよ

 

  整理収納作業に伺い、お家を拝見すると、どんな暮らしをしているかわかります。   片付かない理由もわかりますし、  片付けが大変なのもわかりますし、  生活がしにくそうだなということもわかりますし、 居心地がよくないのもわかります。     今日は6時 ...
続きを読む

 

 

整理収納作業に伺い、お家を拝見すると、どんな暮らしをしているかわかります。

 

 

 

片付かない理由もわかりますし、

 

 

片付けが大変なのもわかりますし、

 

 

生活がしにくそうだなということもわかりますし、

 

居心地がよくないのもわかります。

 

 

 

 

 

今日は6時間の整理収納作業にお伺いし、

 

リビングに入って気になるのが、ソファーとダイニングテーブルの置き方。

 

 

ソファーを少しずらし、ダイニングテーブルの向きを変えるだけで、

 

 

見た目がすっきりし、カチッとはまる感覚で、整っていきます。

 

 

そして、お悩みのリビングの収納庫、

 

 

※モニター様ですので、写真掲載の許可はいただいております。ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

ここが使いにくい原因は、スチールラックと、手前の引出しケースですね。

 

この2つはよそで使っていきます。

 

 

ここでは活かされていませんが、よそで使うと、なくてはならない使えるモノになります。

 

 

 

 

 

では、ここで使える棚は??部屋をぐるっと見渡して・・・

 

矢印のプリンターを置かれている棚を使わせていただきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

プリンターも移動し、このような棚で、棚位置も変えて使っていきます。

 

 

 

 


 

 

今は時期的にも洋服をかけることはありませんから、こちらの掃除機もしまっておきます。


 

 
 


アフターは、ここに置いといてもいいかなと思うモノだけです。

 

 

 

 

 

 

 

プリンターが置いてあった棚には、

 

 

 

 

お掃除用品等、薬箱、テッシュのストックなどを置きました。

 

上には、ご主人様、奥様の日々使われるバッグを置いていただきます。

 

 

冬には、ここにかばんを置き、ジャンバーをかける流れですね。

 

 

ペットボトルに入っているのは、お米です。

 

 

今日は時間的にキッチンはお話しだけで終わりましたが、

 

 

キッチンを整理収納で整えると、このお米も置けるかもしれないって感じです。

 

 

 

 

 

他の場所もいろいろと整えていきましたが、

 

今日、お客様にしっかりお伝えしたのは、

 

 

これからお子様三人が大きくなられての部屋の形、

 

 

お子様方の生活の仕方、動線ですね。

 

 

 

 

 

朝起きて、出かけるまでに、ラクに動けるように、動線を整える、部屋を整える。

 

机の上が散らからないように、どうすればいいのか。

 

 

おもちゃを簡単に片付けるにはどこに、どのように置いたらいいのか。

 

 

洋服のたたみ方、どこに置けば、お母さんもお子さまもラクなのか。

 

 

お子様方が大きくなって、できる大人になるためには、何を伝えていかないといけないのか。

 

 

 

 

今だけでなく、必ずお子様は大きくなるから、その時の暮らし方も知っておけば、

 

今何をしたらいいのか、これから買うモノも必要なモノだけを迷わず買えると思うし、

 

 

1時間延長になりましたが、今日もラクな暮らし方をずっ~とお話しさせていただきました。

 

 

 

 

 

ラクな暮らし方、シンプルな暮らし方がわかると、

 

の整え方も、モノの持ち方も自然と分かってくるでしょう。

 

他の場所もビフォーアフターも完成ではないですが、またご紹介しますね。