シンプルに片付ける!素敵でラクに暮らせる部屋づくり

広島の整理収納アドバイザーのakikoです。全国のお客様に作業や電話で整理収納のアドバイスをしています。ビフォーアフターを多数掲載。ラクに暮らすための整理収納の仕方、暮らし方、考え方をお伝えしています。

2014年06月

 今日のお客様は、こちらでキッチンのビフォーアフターをご紹介しました お客様ですが、 あれからおひとりで頑張られたようで、、あちこちスッキリしていました。  今日は、もう一度お家全体を拝見しながら、完成の形をご提案させていただきましたので、  またおひとり ...
続きを読む

 

今日のお客様は、こちらでキッチンのビフォーアフターをご紹介しました お客様ですが、

 

あれからおひとりで頑張られたようで、、あちこちスッキリしていました。

 

 

今日は、もう一度お家全体を拝見しながら、完成の形をご提案させていただきましたので、

 

 

またおひとりで、モノを減らしながら、少しずつ形を作っていかれることでしょう。

 

 

 

 

 

今日はどこをしようかな~と考え、洗面脱衣所が気になったから、

 

こちらの棚を片付けていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この棚のタオルの量も気になるけど、この棚の正面にあった↓の棚と、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あと、こちら、

 

 

 

 

 

 

 

ここの洗面脱衣所には、大きな白い棚もあるし、洗面台の下の収納スペースもあるから、

 

 

 

この2つは、「無くても困らない」から、無くしていきます。

 

 

これら2つがなくなることによって、ラックの掃除もしなくてよくなるし、

 

 

床も掃除しやすくなるし、洗面脱衣所も広々をしてスッキリすることでしょう。

 

 

まず、棚のいっぱいのタオルを減らして、向かいの棚にあった洗剤を棚に入れていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

洗剤ストックはここでなくてもいいのですが、

 

 

 

洗剤はご主人様がどんどん買ってこられるから、

 

 

あえて、「たくさんあるからね」って見えた方が、買ってこられないかもしれませんね、

 

 

と言うことで、棚も空いたから、まとめて置きました。

 

 

 

 

 

タオルは、左下はトイレ用タオルです。

 

今までは、トイレ用は普段使いのタオルを適当に使われていましたが、

 

 

お客様が使われることもあるから、

 

 

いいタオルをトイレ用で使って下さいと分けることにしました。

 

 

その奥は、たまに使われるハンドタオル。

 

 

右下は、バスマット。

 

 

左上は、前後にフェースタオル、右はバスタオルですね。

 

 

お二人暮らしだから、十分に足ります。

 

 

 

 

他の大量のタオルは、今お使いのモノが古くなれば、出して交換していただくように、

 

ケースに入れてしまっておきます。

 

 


 

 

 

 

ここまでして、私は、収納用品をお持ちしたので、キッチンの引出し、棚の仕上げをし、

 

 

その間に、お客様には、タオルの棚の引出しの中の整理をしていただき、

 

 

必要なモノだけを残していただきました。

 

 

 

 

 

次回は、必要と残されたモノを拝見し、使いやすく収納していこうと思います。

 

お客様がどんどん整理をして下されば、私がどんどん収納を整えていくので、

 

 

あちこちがどんどんきれいになり、お客様の整理のスピードもどんどん早くなり、

 

 

そうなれば、片付けるのがどんどん面白くなっています。

 

 

どんどん多すぎ(笑)

 

 

お家がどんどんきれいに変わっていくから、片付けは面白いですよ。

 

  ラクな暮らしをするためには、ラクな暮らしができるような整理収納の仕方が必要です。    ラクな暮らしができる整理収納とは、 モノの置き場所、モノの量、モノの置き方、収納用品の使い方、 いろんなことが関係してきます。    今日は、九州のお客様のところ ...
続きを読む

 

 

ラクな暮らしをするためには、ラクな暮らしができるような整理収納の仕方が必要です。

 

 

 

 

ラクな暮らしができる整理収納とは、

 

モノの置き場所、モノの量、モノの置き方、収納用品の使い方、

 

いろんなことが関係してきます。

 

 

 

 

今日は、九州のお客様のところへ、3回目のご訪問でした。

 

お客様のご希望は、幼稚園に行かれている、お二人のお子様方が、

 

ひとりでも準備ができるようになり、片付けもしやすくしてあげたいとのことでした。

 

小さなお子様でも、幼稚園では片付けもできるし、準備もできているはずですから、

 

家でもそのような空間づくりをすれば、いくらでもできると思います。

 

 

 

お子様目線で、ラクな場所、ラクな位置に、毎日の生活で必要なモノを置き、

 

モノの量も、小さなお子様が迷わず取れるような量で、簡単な収納です。

 

 

 

しばらくは、一緒に片付けて、モノの置き場所を教えてあげていると、

 

そのうちひとりでも片付けられるようになります。

 

大人もそうですが、1日の終わりには、片付いたきれいな状態にしておき

 

そのきれいな状態で、気持ちよく朝を迎える習慣をつけられたら、

 

大きくなっても、そうすることが当たり前で、

 

そうしないと落ち着かないようになるかもしれません。

 

いい習慣は、小さな頃から、身につけたいものですね。

 

 

 

お家全体を整えていきましたが、

 

キッチン、クローゼット、押し入れ、書類・・・

 

すべてにおいて、ラクになる収納の仕方があります。

 

どこに、どう置いたらラクになるか考えながら、収納していってくださいね。