シンプルに片付ける!素敵でラクに暮らせる部屋づくり

広島の整理収納アドバイザーのakikoです。全国のお客様に作業や電話で整理収納のアドバイスをしています。ビフォーアフターを多数掲載。ラクに暮らすための整理収納の仕方、暮らし方、考え方をお伝えしています。

2014年04月

  昨日、お客様のメールにこのように書かれていました。 「どこに何を収納すれば効率良くスッキリと片付くか・・・」     効率とは、むだのないことですが、お若いのにしっかりされているなと感心しました。 なぜ収納が大事かといえば、すべては「効率よく暮らすた ...
続きを読む

 

 

昨日、お客様のメールにこのように書かれていました。

 

「どこに何を収納すれば効率良くスッキリと片付くか・・・」

 

 

 

 

 

効率とは、むだのないことですが、お若いのにしっかりされているなと感心しました。

 

なぜ収納が大事かといえば、すべては「効率よく暮らすため」なんですね。

 

 

 

 

 

私も収納場所、置き方を決めるときに、いつも頭の中にあるのは、

 

「どこに置いたら、取りやすいかな~、ラクになるかな~」ってことです。

 

 

洗剤や調味料の容器をどうのこうのはあまり考えないから、そのままですが、

 

 

置き方、向きは気にすることがあります。

 

 

 

 

 

昔、お化粧品会社で働いてたときに、言われていたのが、

 

「商品をきちんと正面に向ける

 

 

どこのお店でも当たり前ですね、きれいに置かれているから、きれいに見えます。

 

そして、ビールと注ぐときにも教わりました。 ←これは化粧品会社で教わりません。

 

 

「注ぐときには、ラベルを上に、注ぎ終わったあとは、ラベルをお客様の方に向けて置く」

 

 

そういうことがあって、今でも無意識に、モノの向きを気にします。

 

 

 

 

 

 

整理収納は、暮らしやすくするためにするものです。

 

無駄のない生活をすれば、時間ができます。

 

 

そのできた時間で、好きなことをする。

 

 

そうやって、暮らしをラクにしながら、人生を楽しみ、幸せに生きるのです。

 

 

どんな人生を送りたいかで、片付け方も変わるのでしょうね。

 

 
 

  写真やアルバムの量は人それぞれですね。   撮った写真をすべて持っている方、  撮った写真の中で残しておきたい写真だけを厳選している方、  写真は残しているけど、アルバムに貼らずに、バラバラでしまっている方、  量が少ない、多いに関係なく、きちんとア ...
続きを読む

 

 

写真やアルバムの量は人それぞれですね。

 

 

 

撮った写真をすべて持っている方、

 

 

撮った写真の中で残しておきたい写真だけを厳選している方、

 

 

写真は残しているけど、アルバムに貼らずに、バラバラでしまっている方、

 

 

量が少ない、多いに関係なく、きちんとアルバムに貼っている方。

 

 

 

 

 

 

私は、小さい頃から今までのアルバムは、1冊しか持っていません。

 

少ないのがいいわけではありません。

 

 

私は自分の写真をたくさん残したいとは思わないから、少ないだけですが、

 

 

先日、父を連れて、親戚の家に行き、

 

 

91歳になる父の兄が、アルバムを見せてくれました。

 

 

 

 

 

みんなで懐かしがりながら、昔話をしているのを見て、

 

思い出のモノって、自分の人生を思い出せるモノだから、やっぱりあった方がいいし、

 

 

年を取ればとるほど、思い出のモノを見たくなったりしますね。

 

 

 

 

 

91歳の父の兄は、理想のモノの量、収納、管理をされていました。

 

アルバムを探すわけでなく、押し入れの取りやすい場所に置かれているので、

 

 

さっと取り出して下さり、すべてきちんと貼られているので、見やすく、

 

 

アルバムも多くもなく、少なくもない量だから、

 

 

見る方もラクに楽しく見ることができます。

 

 

 

 

 

写真は持っているだけで、あっちの引出し、こっちの引出し、

 

バラバラに置かれたり、どこにあるかも分からない方もいらっしゃるでしょう。

 

 

見たい時、見せたい時に、すぐに出せる、見やすい状態にしている

 

 

それが写真を大切に管理していることになります。

 

 

 

 

 

 

モノを捨てられない方、持っておきたい方、

 

モノが多くあってもいいですが、持っておきたいモノなら、大切にしてくださいね。

 

 

91歳の父の兄の家は、いろいろなモノがあり、

 

 

決して、少ない、スッキリではないですが、とても居心地がいい家でした。

 

 

 

 

 

モノは多くても、きちんと置かれ、掃除もいき届き、

 

たくさんのモノがあっても、すべてのモノを大事にされてると感じられました。

 

 

モノを大事にすると、家も心地よい空間になるでしょうし、

 

 

反対に、モノを大事にせず、ホコリがかぶったまま、モノを山積みに置いてるのでは、

 

 

家は心地よい空間にならないのでしょうね。

 

 

モノを大切に扱っていますか?