シンプルに片付ける!素敵でラクに暮らせる部屋づくり

広島の整理収納アドバイザーのakikoです。全国のお客様に作業や電話で整理収納のアドバイスをしています。ビフォーアフターを多数掲載。ラクに暮らすための整理収納の仕方、暮らし方、考え方をお伝えしています。

2013年12月

  収納スペースに対して、モノの量が多すぎると、   片付きにくいし、すっきりしないですね。     モノが多いまま収納していくと、 「分かりやすい、使いやすい収納」ではなく、  「分かりにくい、使いにくい収納」になってしまうでしょう。     今日は、 ...
続きを読む

 

 

収納スペースに対して、モノの量が多すぎると、

 

 

 

片付きにくいし、すっきりしないですね。

 

 

 

 

 

モノが多いまま収納していくと、

 

「分かりやすい、使いやすい収納」ではなく、

 

 

「分かりにくい、使いにくい収納」になってしまうでしょう。

 

 

 

 

 

今日は、食器棚のビフォーアフターです。

 

まず引出しの一番目と二番目です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アフターです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

見ての通りですが、細々したモノは、外袋から出して、すぐに使えるように

 

 

 

 

これ以上は増やさない!増やせば・・・乱れて、ぐちゃぐちゃになるでしょう。

 

 

二番目には、コップをまとめ、それに関連する、コーヒーなどの食品もまとめています。

 

 

コップの下には、ガチャガチャ動かないように滑り止めシートを敷いています。

 

 

 

 

次は下のこの二つの引出しです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

手前引出しのビフォーアフターからです。

 

 

 

 

 


 

 


 

 

 

元々、ケースがあり仕切られていましたが、食品も増えすぎるとこのように乱れてきます。

 

 

 

量が適量なら、仕切りケースがありますから、分かりやすくなります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

減らした食品は、隣の引出しに移動です。

 

 

 

 

右の引出しのビフォーです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

見た感じでは、うまく使われていないですし、

 

減りそうなモノ、移動できそうなモノがありますね。 アフターです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

頑張って、食品ストックを左の引出しの中に収まるまで減らすことができたら、

 

 

 

 

ビフォーの右下に写っている、お米が右の引出しに入りますね。

 

 

その時には、引出し用のケースに変えるか、お米袋そのままでもいいと思います。

 

 

カウンターのビフォーです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コの字ラックを置き、たくさんのモノが置けるのはいいですが、

 

 

 

 

コの字ラックも大きすぎると、かえって使いにくいでしょうし、

 

 

カウンターも狭くなりますね。

 

 

そして、小さいモノをそのまま置くと、掃除のときに一個一個動かすのが面倒です。

 

 

なので、コの字ラックは、あってもいいですが、小さくし、

 

 

必要で置いておきたいモノはケースにまとめておけば、

 

 

掃除のときには、ケース1つ動かすだけです。

 

 

イケアのケースですが、前が低いでの、手前のモノは、置いたままでも取り出せます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここに置きたいモノだけを適量置き、スペースを広くしておけば、

 

 

 

 

配膳スペースとして便利に使えますね。

 

 

 

 

 

レンジの上にあったラップはシンク横の引出しに移動しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この日のお客様のご感想です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私がお伺いするまでに、お家全体、かなりのモノを減らしてくださいました。

 

キッチンも頑張っていただきましたが、

 

使いやすく、家事をスムーズに行うためには、まだスッキリしていない・・・

 

なので、さらなる整理をさせていただきました。

 

 

 

本当に使うモノか、必要なモノか。

 

他のモノで代用できないか。

 

工夫をすることで、なくてもどうにかならないか。

 

私が見て、減りそうなモノは、いろいろお話しさせていただきます。

 

ただ捨てるのでは、お客様も不安になるでしょう。

 

ですので、なくても困らない考え方やモノがなくても大丈夫な家事の仕方

 

お客様もなくても大丈夫なんだ!と思って下さると、思い切って減らして下さいます。

 

 

 

 

どこのお家でもそうですが、私が収納をすっきりさせることができているのも

 

お客さま方が頑張って減らして下さるからです。

 

お家をすっきりさせたい方は、一度、二度・・・整理をしてみてくださいね。

 

一度目に捨てられなかったモノも、二度目の整理で「なくてもどうにかなるかな」

 

と減らすことができるかもしれません。

 

すっきりのためには、減らすしかないんです。

 

  今日の7時間の整理収納作業は、キッチンを中心に、   リビングのあちこちを、時間の許す限り整えさせていただきました。     昨日の記事で、キッチンは掃除をラクにするために、 モノを置かない方がいいですよとお伝えしましたね。  お客様が「出しておきた ...
続きを読む

 

 

今日の7時間の整理収納作業は、キッチンを中心に、

 

 

 

リビングのあちこちを、時間の許す限り整えさせていただきました。

 

 

 

 

 

昨日の記事で、キッチンは掃除をラクにするために、

 

モノを置かない方がいいですよとお伝えしましたね。

 

 

お客様が「出しておきたい」と言われたら、しまいませんが、

 

 

すっきりをご希望の方には、すっきり片付けさせていただきます。

 

 

 

 

 

今日のすっきりはこんな感じで、

 

コンロまわりは特に油汚れでベタベタになるから、すべてしまいます。

 

 

ビフォーです。

 

 

コンロ奥のラックは、ホコリと油で汚れ、拭き掃除もしにくいですね。

 

 

ラックがあれば、壁も拭きにくいし、なくても困らないモノだから、取り外しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アフターは、もちろんすっきり、お掃除もサッと拭いて終わりです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらの、アフターは次回に・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もう1か所のビフォーアフターは、お子様のコーナーの引出しです。

 

 

 

 

お絵かきのときのクレヨンや鉛筆などですね。

 

 

同じモノを同じ引出しに集めて入れているのは、いいことですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この引き出しに置くと決まったら、次は「置き方」です。

 

 

 

 

収納の基本は、適材適所に置き、「使いやすく、しまいやすく置く!」ですので、

 

 

このように置かせていただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お母様にお願いしたことは、

 

 

 

 

お子様が出し入れしているうちに、また乱れてくるでしょうから、

 

 

乱れてきたら、このようにまた整えてくださいね!とお伝えしました。

 

 

 

 

 

まだお子様は小さいから、きれいに片付けるのは難しいでしょうが、

 

そのうちにこの位置を覚えてくるでしょう。

 

 

覚えてくると、だんだん元の場所に戻せるようになります

 

 

 

 

 

「使ったら、あった元の場所に戻す」これが日々の片付けの基本です。

 

モノの定位置さえ決まれば、大人も子供も、

 

 

戻すことさえすれば、部屋が散らかることはありません。

 

 

一日の終わりには、すべてを定位置に戻すことを習慣にされたらいいですね。

 

 

 

 

 

 

お家が片付くと、お父さまも、お母さまも、お子さまも

 

み~んな嬉しいし、気持ちいいし、笑顔になるし、いいこといっぱいです。

 

 

ビフォーの生活と、アフターの生活は、快適さが全然違うでしょう。

 

 

散らかったお部屋で暮らすことなんてないんですよ。

 

 

片付けて、気持ちのよいお部屋でご家族幸せに暮らしてくださいね。

 

 

 

 

お片付けが苦手な方は、アドバイザーの方に、

 

一度、モノの置き場所と置き方を決めていただいたらいいですね。

 

あとは、使ったら、そこに戻すだけです。

 

そしてあふれるほど、モノを買わない、増やさないを心がけてくださいね。

 

  きれいな収納だな~と思うのは、 収納用品が統一されているとか、収納用品が素敵なモノであったり・・・ 同じ場所で同じ置き方でも、 収納用品が変わるだけで、素敵に変身♪ってこともありますね。   収納の基本は、使うモノが使いやすく置かれていればいいわけで ...
続きを読む

 

 

きれいな収納だな~と思うのは、

 

収納用品が統一されているとか、収納用品が素敵なモノであったり・・・

 

同じ場所で同じ置き方でも、

 

収納用品が変わるだけで、素敵に変身♪ってこともありますね。

 

 

 

収納の基本は、使うモノが使いやすく置かれていればいいわけで、

 

見た目もきれいにと思えば、収納用品にもこだわって揃えていかれたらいいでしょう。

 

収納用品を購入するのは、最後の最後ですよ!

 

 

 

たとえば、キッチンの引出しも、使っているモノだけを残し

 

置き方、収納の仕方が決まるまでは、急いで収納用品を買わない。

 

買う時には、入れるモノの大きさや、収納スペースの寸法を測り、買ってくださいね。

 

 

 

 

では、整理を済ませていただいたお客様のキッチンを整えていきます。

 

シンク横の引出しビフォーアフターです。4段あります。

 

元々ある仕切りケースが使いにくければ、外されたらいいですね。

 

1段目ビフォーアフター

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2段目ビフォーアフター

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3段目は途中で変え、アフターなしなので、4段目ビフォーアフターです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

食洗機下ビフォーアフターです。

 

食品ストックは、新しい食器棚に移動してくださっていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スーパーの袋は、捨てるものだから、丸めてもよし、畳んでもよし、

 

お好きなやり方でいいですね。

 

ここからあふれるくらい溜まってきたら、それは捨ててくださいね。

 

ここに入るだけ持つ!を心かげてくださいね。

 

 

洗剤置き場のビフォーアフター

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回こちらの奥様には、本当に頑張って整理をしていただきました。

 

「本気の整理」をお願いしましたから、これからの暮らしは、

 

とても快適で、お仕事をしながらでも、ラクに家事ができることと思います。

 

これからは、心地よいお家で、ご家族が楽しく過ごされたらいいですね。

 

お家がきれいに整うと、毎日が本当に幸せだと思います。

 

  今日は、家業の帳簿をつけていました。   税理士事務所の事務員さんから、「11月までの帳簿を早急に提出ください」  とのハガキがきたので、そろそろ出さなきゃまずい!ということで、  延ばし延ばししていた、9月、10月、11月分を記帳。  1ヶ月ごとに ...
続きを読む

 

 

今日は、家業の帳簿をつけていました。

 

 

 

税理士事務所の事務員さんから、「11月までの帳簿を早急に提出ください」

 

 

とのハガキがきたので、そろそろ出さなきゃまずい!ということで、

 

 

延ばし延ばししていた、9月、10月、11月分を記帳。

 

 

1ヶ月ごとにすればラクなんでしょうが、私はまとめてやるタイプです。

 

 

集中と勢いで一気にやるのが好きです。

 

 

家も散らかすだけ散らかして、一気に片付けます(笑)

 

 

でも私のなかでは、ここまで溜めてはいけない!ここまで散らかしてはいけない!

 

 

というのがあるので、人にも迷惑をかけないし、自分も大変な思いをすることはありません。

 

 

 

 

 

 

さて、本題で前回の続きですが、

 

もう一度、リビングビフォーアフターです。

 

 

リビングも見た目は、すっきりとし、お掃除もラクになると思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

右の開きの収納棚は、ご主人様コーナーですから、ご主人様にお任せです。

 

 

 

 

左の開きの方は、ご家族のモノを置き、奥様に管理していただきます。

 

 

 

 

奥様のご希望は、

 

・お子様(保育園児)がご自分でマスクを取れるようにしてください。

 

 

・ご主人様が領収書を入れる場所が必要で、奥様、お子様のモノとは別に、

 

 

ご主人様用を分けてほしい。

 

 

・大事な書類を分かりやすく。

 

 

 

 

 

今月末からお仕事復帰をされ、小さなお子様がお二人ですから、

 

大変お忙しくなられると思います。

 

 

お子様や、ご主人様にも、できることはご自分でしていただかないと大変ですね。

 

 

 

 

 

では、マスクですが、お子様はきっと右手で扉を開くだろうと勝手に思い(笑)

 

右側の目線あたりにマスクを取りやすく置きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

箱からは出して、袋からは出さず。

 

 

 

 

お子様のかわいいバンドエイドは、箱の上部分を切り取り、取り出しやすく。

 

 

あとは、時々お母様がチェックして、なくなりそうなら、補充しておけばよしですね。

 

 

 

 

 

次に領収書入れですが、ちょうど棚が空いたので、

 

そこに空き箱を二つ並べ、ご主人様専用と、お子様、奥様は一緒でいいということで、

 

 

ご主人様には、そこに入れていただくだけで、

 

 

あとは時々奥様が順番に並べ、クリップで留めておかれたらいいでしょう。

 

 

真ん中の2つの黒い箱です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

下の本や書類ですが、左側の本のまとまりは、

 

 

 

 

奥様が整理され残された必要なモノなので、そのまま置いておき、

 

 

奥様がきれいに整理され、右側が空きましたので、

 

 

無印のブックスタンド大を倒して置き、

 

 

3つの仕切りで、右側にご主人様のモノ、

 

 

真ん中に奥様のお仕事の書類、

 

 

一番左の仕切りの中には、ご家族の必要書類と分けて置いています。

 

 

 

 

 

それぞれの書類を分類し、インデックス付きのファイルに分けます。

 

必要な書類はここの仕切りの中と決めておけば、探すこともなく、

 

 

分類もされ、インデックスに何の書類がフャイルに入っているか書かれてあるから、

 

 

それをサッと抜けばいいだけです。

 

 

必要書類も使用頻度があるでしょうから、

 

 

頻度順に左側からでも並べておくと、もっとすぐに取れます。

 

 

よく見たいモノは、フャイルに入れず、扉の内側に貼っておいてもいいですね。

 

 

 

 

 

そして、書類も必要でなくなると、すぐに処分すること

 

必要ない書類をずっと置いておくと、必要なモノがすぐに取り出せないですので。

 

 

緊急な書類は、わざわざしまい込まなくても、カウンターの上でも置いておき、

 

 

すぐに処理をすればいいし、緊急性のない必要書類もそんなには多くないでしょうから、

 

 

この中だけで、上手に管理されたらいいですね。

 

 

 

 

 

 

たくさ~ん、書類があるお家もありますが、

 

きっともう必要でない書類もたくさ~んあるでしょうから、すっきり整理してみてくださいね。

 

 

そしたら、上の写真のように、リビング収納もすっきり、

 

 

分かりやすく、使いやすくなり、ご家族も快適に、奥様もラクになられるでしょう。

 

 

 

  「気になる!」   モノの多さが気になる。 モノの置き場所が気になる。 モノの置き方が気になる。 そこから、整理収納が始まり、気になる場所がなくなれば、快適なお家の完成です。    昨日のお客様のお家に伺い、お部屋を見てすぐに気になった場所があります ...
続きを読む

 

 

「気になる!」

 

 

 

モノの多さが気になる。

 

モノの置き場所が気になる。

 

モノの置き方が気になる。

 

そこから、整理収納が始まり、気になる場所がなくなれば、快適なお家の完成です。

 

 

 

 

昨日のお客様のお家に伺い、お部屋を見てすぐに気になった場所があります。

 

皆さまは、どこが気になりますか?

 

 


 

 


 

 

 

 

手前の棚の中の本や書類は、整理すれば、すぐに片付くから、気になりませんが、

 

キッチンに入って、正面、冷蔵庫の右の場所ですね。

 

わが家にもキッチン入ってすぐの場所に便利なカウンターがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

買い物から帰ったら、荷物はここに置き、冷蔵庫にしまっていきます。

 

一時的に荷物を置いておくのに、とても便利なカウンターなのです。

 

そのカウンターに、引出し収納ケースがいっぱい置かれているのが気になる・・・

 

ケースが気になるというより、何を入れていらっしゃるのだろう??

 

まわりにたくさんのモノが置かれているけど、何を置いているのだろう??

 

そんなことが気になりました。

 

 

 

このカウンターの下は、ゴミ箱が置かれています。

 

そして、羨ましいことに、上にも棚があります。

 

 

 

 



 

 

お客様に、完成イメージとして、

 

カウンターの上には、何も置かないようにしましょう!ということで、

 

大きな収納ケースは、リサイクル行きとなりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここには、リサイクルへ持って行くもの、捨てるモノをまとめてくださっていますが、

 

これ以外に、1回目から2回目までに2ヵ月間あき、

 

その間にたくさんのモノを減らしてくださったおかげで、

 

お家がすっきり快適に整うことができました。

 

このお部屋も、これらがなくなると、とても広々することでしょう。

 

 

 

モノがあることが豊かではなく、そのモノたちが、ただ生活をしづらくさせています。

 

モノは必要なモノ以外はない方が、生活がラクに快適になります

 

 

 

 

引出しの中に入っていたモノは、どこのお家にも必要な、

 

ちょっとした裁縫道具、ハガキや各種封筒、お薬ですね。

 

これらは、やっぱり主婦がよくいる場所の近くに置く方が、使い勝手がいいですね。

 

とりあえず、適当な空き箱を見つけ、このように分けました。

 

私が簡単にざっと入れていますから、

 

お客様には、もう一度ここを確認しながら、お客様ご自身がわかりやすいように

 

並べられて下さいねとお伝えしています。

 

 

 

 

 


 

 

 

上の裁縫道具や、下の薬など、小さいモノが多い場合は

 

使っているうちに、グチャグチャにならないように、仕切りケースを使っています

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カウンターには、小さい引出しケースだけを右側に置き、

 

引出しには、使用頻度の高いモノを置き、裁縫道具や、封筒類までは入れられないから、

 

それらは、棚の上へ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本は本棚へ、アルバムは、押し入れへ、移動すると、ここも空っぽに・・・

 

元々、なくても困らない棚ですから。

 

下の段は、奥様コーナーにし、マスクとカゴも私がなぜ上に置いたかわかりませんが、

 

下の段に置き直し、黄色い箱は空です。

 

真ん中の段には、このあと、健康食品ストックを並べています。(完成アフター写真はないです)

 

一番上は、手が届きにくい位置ですし、何も置いていないというか、

 

もう置くモノはありません。

 

 

 

薬は、リビングの棚に収納しましたが、その棚の説明が長くなりそうだから次回でm(_ _ )m

 

リビングの棚は、お客様のお話しをお聞きしながら、

 

お子様が取りやすく、ご主人様がしまいやすいく、

 

奥様がわかりやすく・・・いろいろ工夫しながら、収納をしていきました。

 

  私もそうですが、お部屋が片付き、きれいになると、   皆さま、必ずこう言われます。 「片付いた場所を見ると、嬉しくてニヤけます」と。 私は、こんな顔でニヤけますかね~:*:・( ̄∀ ̄)・:*:   昨日お伺いしたお客様の昨日いただいたメールと、 今日いただい ...
続きを読む

 

 

私もそうですが、お部屋が片付き、きれいになると、

 

 

 

皆さま、必ずこう言われます。

 

「片付いた場所を見ると、嬉しくてニヤけます」と。

 

私は、こんな顔でニヤけますかね~:*:・( ̄∀ ̄)・:*:

 

 

 

昨日お伺いしたお客様の昨日いただいたメールと、

 

今日いただいた、メールの一部です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お客様は、とてもきれいな方なので、笑顔もとても上品だから、

 

こんな感じで喜んでいただけたと思います(‐^▽^‐) 笑顔にも品があるっていいですね。

 

 

 

朝起きて、必ず目にするリビングの風景・・・

 

朝、目にするもの、感じることで、1日の気分が違うってこともありますよね。

 

ご家族が気持ちよく朝を迎え、ご家族が1日を気持ちよく過ごせるように

 

家族が集まるリビングは絶対にきれいにされた方がいいですね。

 

お客様の以前のリビング、キッチンカウンターの周りはこのような感じでした。

 

※モニター様ですので、お写真掲載の許可はいただいております。

 

ご協力ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

床には、モノを置いていませんが、ちょっと置ける場所があると

 

ついついモノを置いてしまい、このようになる事って、よくあることですね。

 

でも、モノを置くための棚だから、何も置かないようにする必要もないと思います。

 

 

 

では何を置くか・・・ここにあれば便利なモノを置き、必要な量だけを置けばいいですね。

 

ここのお家では、お子様がすぐ横のテーブルで遊ぶモノを、置きたい。

 

とてもいいことですね。そばに置いておくことで、お子様もストレスなく、

 

すぐにノートとペンを取れるし、すぐに片付けられる。

 

小さいお子様ほど、近くにあればいいですね。

 

お客様がかなりモノを厳選して下さっていたので、アフターはこちらです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私がしたことは、ひとまとめに積まれてあったので、取りやすく、2つに分けました。

 

あと、小さい紙がありましたので、バラバラにならないように、

 

ちょうど余ったチャック式の袋があったのでそれに入れ、チャックは閉じていません。

 

人によっては、開けたり閉めたりも面倒に感じますから、

 

きっちり閉めずに開けたままでも出たりはしないモノですからラクな方がいいでしょう。

 

 

 

 

左の棚はご主人様コーナーですから、あまり触ることができませんが、

 

モノもだいぶん減っていましたので、もう一息・・・

 

カギなどを入れるカゴだけを残して、下のご主人様用の棚に

 

捨てたりの整理はせず、そっとしまわせていただきました(笑)

 

奥様もご主人様のモノは、お正月休みの長期休暇に整理をお願いしようと

 

おっしゃっていました。日頃はお忙しいから、その方がいいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こうやって、余裕の空きスペースも作っておけば、

 

一時的にモノを置いておけるから、助かったりします。

 

あとは、電話機の周りの線やモデムなどは、お写真がありましたので、それで目隠しです。

 

ミニ引出しがありましたが、上段より下の方がすっきり見えるから移動。

 

キッチンにあった観葉植物もこちらに移動。

 

いろいろ隠しながら、必要なモノ以外は置かない、飾りすぎない・・・

 

パソコンは、ご夫婦で使うから、ここが定位置だそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この状態から、減らすモノはもうありません。

 

すべてが必要なモノです。

 

反対になくなれば困るモノばかりです。

 

モノを何も置かないのがいいわけではありません。

 

すべてをしまい込む必要もありません。

 

生活するために必要なモノ。

 

生活しやすくするために使いやすくしておく。

 

そして気持ちが豊かになるモノは厳選して飾る方がいいでしょう。

 

殺風景な部屋では、なんか味気ない・・・

 

自分がよくてもご家族はどうなんだろう・・・

 

家族写真を飾り、思い出の品も飾り、観葉植物も飾り、

 

もちろん飾りすぎは、ただゴチャゴチャして見えるだけであったり、

 

掃除がしにくく、ホコリだらけなら、飾らない方がいいですね。

 

 

 

すっきりきれいに片付け、掃除も行き届き、空気も清々しい、

 

幸せな気分になるモノを少し飾り、心豊かになり、

 

そんなお部屋で過ごす毎日は本当に幸せだと思います。

 

毎日、ご家族が気持ちよく朝を迎えられるように、

 

リビングはすっきりきれいに整えてくださいね。

 

  今日から、整理収納作業を再開です。   久々の作業ですが、整理収納作業は本当に楽しいです。 昼食5分で、7時間ずっと動いていました。 家では絶対動けませんが。   今日のお客様は、2回目ですが、 1回目は10月3日にお伺いし、こちらの記事 とこちらの記 ...
続きを読む

 

 

今日から、整理収納作業を再開です。

 

 

 

久々の作業ですが、整理収納作業は本当に楽しいです。

 

昼食5分で、7時間ずっと動いていました。 家では絶対動けませんが。

 

 

 

今日のお客様は、2回目ですが、

 

1回目は10月3日にお伺いし、こちらの記事こちらの記事 でご紹介いたしました。

 

しばらくお待ちいただきましたが、メールでのやりとりで、無事に食器棚も新しくなり、

 

整理の進め方もお伝えしながら、かなりのモノを減らしていただけていました。

 

今月には、お仕事復帰をされるから、今日で完成目指して、7時間作業です。

 

まず、以前の食器棚です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新しい食器棚です。

 

食器棚の収納は、お客様がとてもきれいにされていましたから、

 

 

今日は、こちらは触っていません。使いやすい位置に置かれて、完璧です!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以前の食器棚は、和室に置いていただき、上は本棚として、

 

 

 

 

下の部分は、今は、おもちゃ入れにしています。

 

 

扉が、ふすまに当たるので、少し離されましたが、

 

 

テーブルが置けるようになり、結果オーライでした。

 

 

元々置かれてあったチェストとも色合いが合い、この場所で便利に使えそうです。

 

 

あとは、趣味の裁縫で、素敵な布を多くお持ちでしたので、

 

 

本棚の目隠しをされてもいいし、お揃いでプリンターカバーも作られたら、

 

 

いいですねとご提案いたしました。

 

 

 

 

 


 

 

 

 

押し入れですが、ビフォーはこちらでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前回は、部屋に出ているお布団を押し入れに入れたいということで、

 

 

 

 

上の段に入れ、よく使うおもちゃは部屋に出し、

 

 

あまり使わないおもちゃは半分、押し入れに入れたままでした。

 

 

(前回のアフターは取り忘れです)

 

 

 

 

 

今日は、お客様用の布団が別の部屋に出たままだから、しまわれたいということで、

 

今日は、下の段を収納し直しました。

 

 

下に布団を入れるには、おもちゃをすべて出さないと入らないから出します。

 

 

押し入れのアフターはこちらです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここから、お客様に更にしていただくことをお伝えし、

 

 

 

 

 

もっとすっきりを目指していただきます。

 

 

 

 

 

では、出したおもちゃはどこに・・・

 

前回、お部屋に出した、絵本やよく遊ぶおもちゃは、元食器棚の下へ、

 

 

押し入れにあったおもちゃは、お子様が小さいうちは、

 

 

この和室に置いておくことにしました。

 

 

キッチンにあったラックを利用しましたが、いずれはなくなります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

下3段によく遊ぶものを、出したくないモノは、上2段に置いています。

 

押し入れの前ですが、押し入れは大きく開きますし、コロでラクに動かせるし、

 

 

押し入れ奥には、使用頻度の低いモノを置いているから、

 

 

ここにラックを置いても問題なしです。

 

 

 

 

 

他の場所もすっきり、掃除が簡単にラクにできるようにしましたので、またご紹介いたします。

 

 

  今日、いつものようにお昼ご飯を主人と食べて、そのあとは主人は昼寝までに 少しテレビを観るのですが、今日の内容は、 妻たちの「定年夫ストレス症候群」でした。   読者の皆さまは、お若いでしょうから、ご主人様の定年なんてまだまだ先でしょうが、 妻たちが、 ...
続きを読む

 

 

今日、いつものようにお昼ご飯を主人と食べて、そのあとは主人は昼寝までに

 

少しテレビを観るのですが、今日の内容は、

 

妻たちの「定年夫ストレス症候群」でした。

 

 

 

読者の皆さまは、お若いでしょうから、ご主人様の定年なんてまだまだ先でしょうが、

 

妻たちが、定年夫の何にストレスを感じるかというと「お昼ごはん」だそうです。

 

ご主人方が、お勤めのときは、主婦は自分ひとりだから、

 

何を食べようが、どこでランチをしようが自由だったのが、

 

主人が昼間家にいると食事の支度をしなくてはいけない・・・

 

妻たちの自由がなくなる、作る面倒さ、これらがストレスになるようです。

 

もちろん料理が好きな方は苦にもならないでしょうし、

 

ご主人様が料理が好きで、自分で作ってくれれば最高ですよね。

 

 

 

 

私は結婚して25年、日曜日以外は、ずっと主人のお昼の支度をしてきました。

 

結婚して、何年かは、主人の両親とお昼を一緒に食べていました。

 

今でもそうですが、食事はぴったり12時からです。一階の仕事場から帰ってきます。

 

私は、ストレスを通り越して、しょうがないと諦めています。

 

 

 

昔は思っていましたよ。

 

外でランチができる人はいいな~

 

お昼時間を自由に使える人はいいな~

 

仕事に出れる人はいいな~  って。

 

 

 

 

今もしたいことはいっぱいあるけど、主人のおかげで幸せに暮らすことができているから、

 

主人のことを1番に考えないといけないし、主人の仕事に迷惑かけてはいけないから、

 

今は、整理収納の仕事も週2日だけだからとお願いしています。

 

主人が年を取って、仕事を減らしてきたら、

 

私は仕事を増やそうとたくらんでいます( ̄▽+ ̄*)

 

わが家は反対で、主人の定年はないけど、

 

主人が仕事をやめたら、私の本当の自由が始まります:*:・( ̄∀ ̄)・:*:

 

 

 

 

妻たちがいつまでも自由でいるためには、作戦が必要です!

 

それは、「家を整えること!」です

 

 

 

ご主人様が居心地のよい家にすること。

 

居心地が悪いと、楽しそうに遊びに出る妻にイラッとします。

 

居心地がいいと、「僕は家でゆっくりするから、出かけておいで~」って言ってくれるかも♪

 

 

ご主人様が生活しやすく、家事の手伝いができるようにしておくこと。

 

家が散らかっていたり、モノがどこにあるのかわからないと、

 

奥様がいないときに「どこにあるんだよ~、なんだ、この散らかった部屋は・・・

 

遊ぶに行く時間があるなら、片付けろ!」って、思ってるかもしれませんね。

 

 

 

家が快適に整っていると、奥様がいなくても何も困らないし、

 

奥様が、家はきちんとしてくれてるから、それに感謝し、

 

機嫌よく、奥様を自由にしてくれたりもするでしょう。

 

 

 

 

私は、家を整え、いつも笑顔で優しく、

 

そして、週2日(仕事がある時だけ)は「お弁当置いておくから、たまにはひとりでごゆっくり~♪

 

じゃ~行ってくるね~」って笑顔で手を振れば、主人も嫌な顔はしないです。

 

お弁当は手作りじゃないですよ。コンビニのお弁当です。

 

コンビニのお弁当に文句を言われたら、私はキレます(笑)

 

「いつも作ってるのに、たまにはいいじゃない(`ε´)」と・・・まっ、主人は文句は言いませんが。

 

 

 

 

これからの長い人生、主婦がいつもストレスなくラクするためには、

 

お部屋はすっきりと片付けておきましょうね。

 

片付けは、家族のためでもありますが、すべては自分のためです