シンプルに片付ける!素敵でラクに暮らせる部屋づくり

広島の整理収納アドバイザーのakikoです。全国のお客様に作業や電話で整理収納のアドバイスをしています。ビフォーアフターを多数掲載。ラクに暮らすための整理収納の仕方、暮らし方、考え方をお伝えしています。

2013年10月

  モノの多い家を片付けるには、「整理」は必ず必要です。   必要なモノを残し、要らないモノを手放し、 そこさえきちんとできれば、家はそれだけですっきりします。 モノの量が減ると、散らかってもたいした散らかりではなくなるので、 片付けも早くできるし、家事 ...
続きを読む

 

 

モノの多い家を片付けるには、「整理」は必ず必要です。

 

 

 

必要なモノを残し、要らないモノを手放し

 

そこさえきちんとできれば、家はそれだけですっきりします。

 

モノの量が減ると、散らかってもたいした散らかりではなくなるので、

 

片付けも早くできるし、家事がラクです。

 

 

 

 

でも家が片付かない方の、「必要なモノ」の量がなんと多いこと!

 

「本当に必要ですか?」と聞きたくなりますが、

 

人の価値観はいろいろですから、「それ、要らないですよ」なんて私には言えません・・・

 

なくても大丈夫ですよ!とその理由をお伝えしながらのアドバイスはしますが。

 

 

 

 

 

「本当に必要なモノ」の見極め方ですが、簡単です。

 

今、あなたが必要と思っているモノがなくなったとします。

 

それが本当に必要なモノだったら、お金を出してまた買うことでしょう

 

もう一度お金を出してまで手に入れることをしないモノは、

 

実はそんなに必要ではないということですね

 

 

 

 

 

本当に必要なモノとは、それがなくては生活ができないモノです。

 

包丁必要、まな板も必要、お皿は家族の数、パンツは3枚くらい・・・

 

モノをすべて失ったときに、生活に絶対必要なモノ、必要な数は、必ず買いますね。

 

それらが本当に必要なモノです。

 

 

でも、なくても生活はできるけど、これがあると心が癒され、

 

心豊かに幸せに暮らせるというモノは、やっぱり必要ですね。

 

わが家では、観葉植物や数枚の写真がそうですね。

 

たくさんはいらないけど、ここといい場所には、なくてはならない。

 

 

 

 

思い出のモノも大切ですが、それらもなくても生きてはいけるんですね。

 

そして、持っては死ねないのです。

 

残すモノが多いと、残された家族が片づけないといけないから、迷惑をかけるのです。

 

思い出のモノを大事に持っておかれるのも必要だと思います。

 

それらも、家の広さに合わせて持つようにしないと、

 

狭い家に住み、思い出のモノを多く持ちすぎ、家を窮屈にすると、

 

今の生活が快適に過ごせなくなります。

 

 

 

 

 

過去、未来、現在、「大事なのは今」です。

 

今、これから先が、ずっと快適に幸せに暮らしていけるように、

 

「本当に必要なモノ」を見極めて、整理をし、

 

快適に暮らせ、片付けやすくなるまで、モノの量を減らせたらいいですね

 

 

 

 

私の生活に絶対必要なモノ・・・

 

先日それをオークションで買いました。

 

それがなくなると、困るんです。生活できなくなる危機感を持ち、

 

どんどん値が上がっても、手に入れるんだ!と他の入札者と競い、

 

19000円まで上がりましたが、ゲット!! 高っ。

 

でも困ることにならなくてよかった~

 

そんな思い、そこまでお金を出してまで、必要なモノが「本当に必要なモノ」だと思います。

 

 

 

 

もちろん、わが家にも、もう一度お金を出してまでは買わない、

 

実は、なくても困らない、そんなに必要でないモノはまだまだあります。

 

でも、それらを全部捨てて、棚や、引出しをガラガラ、空っぽにする必要もないですね。

 

部屋を狭くする家具は、本当に必要か考えてくださいね。

 

モノが減るとそういう家具も要らなくなり、お部屋も広く、風通しもよくなりますよ。

 

 

 

 

 

捨てることが目的ではありません。

 

快適に暮らし、家事をラクにし、散らかりにくくするために、

 

生活を不便にしている必要ないモノは減らしましょうということですので、

 

 

このくらいなら、片付けやすい、

 

このくらいなら、掃除もしやすい、

 

このくらいなら、見ても気持ちがいい、

 

そう思えるくらいまではモノを減らされたらいいですね。

 

 

 

 

次回は、オークションで買った19000円のモノをご紹介しますね。

 

でもこれは、必要としない、持っていない方も多いと思います。

 

ひとそれぞれ、生活の仕方が違いますからね。

 

  「いろんな家を片付けるのは、難しくないですか?」   そう言われることがありますが、 収納の基本的な考え方は同じです。 たとえば、こちらの廊下収納でお話ししますね。        まだお引越しされたばかりで、きちんと置き場所が決まっていない状態です。 ...
続きを読む

 

 

「いろんな家を片付けるのは、難しくないですか?」

 

 

 

そう言われることがありますが、

 

収納の基本的な考え方は同じです。

 

たとえば、こちらの廊下収納でお話ししますね。

 

 

 

 

暮らしも人もシンプルに幸せに

 

 

 

 

まだお引越しされたばかりで、きちんと置き場所が決まっていない状態です。

 

このくらいの量のモノでしたら、収納も簡単ですね。モノが少ないっていいわ~。

 

 

 

上から下までざーっと、どんなモノがあるか見ますね。

 

ここに置くモノでないモノや、他に置く場所があれば、それらは移動します。

 

たとえば、トイレットペーパーは、こちらのお家のトイレには棚がありましたから、

 

そこで管理する方がいいし、ここからなくなれば、こちらもさらにスッキリしますね。

 

 

 

 

あとは、残ったモノを同じモノを集めて、とりあえず何かにまとめます

 

こちらでは、他の場所で余ったカゴにまとめました。

 

なければ、とりあえず、紙袋でも空き箱でもなんでもいいですね。

 

 

未使用タオルを集め、その量にあったカゴを探してまとめ、

 

エコバッグも数を減らし、使うモノだけをカゴにまとめ、

 

お掃除用品もわざわざ収納ケースなんて買わなくても、

 

浅いカゴにまとめておけば、パッと見てわかる!すぐに取れる!

 

そんなラクラク収納が私は好きです。

 

 

工具が入った引出しも整理し、

 

よく使いそうなモノは手前に、あまり使わないモノは奥にですね

 

ガムテープがいくつかありました。

 

こちらでは、紙のゴミ袋をテープでとめるから、必需品です。

 

ひとつは、キッチンのゴミ袋と一緒に置いておきますね。

 

 

 

暮らしも人もシンプルに幸せに

 

 

 

 

あとのガムテープは、まとめてカゴに入れ、残りの数が把握できるように、

 

しまい込まずに出しておいてもいいですね。

 

このへんは、それぞれの家で変わってきますが。

 

 

 

 

それぞれ、わかりやすく、バラバラにならないようにまとめたあとは、

 

適所に置いていきます。

 

 

 

テッシュやタオルなどの軽くて使用頻度の低いモノは上ですね。

 

重たくて大きいモノは下ですね。

 

使用頻度の高いモノは、それぞれの身長で、ラクな姿勢で、

 

ラクに見れる、ラクに取れる場所に置かれたらいいですね。

 

ということで、こちらの棚のアフターはこんな感じです。

 

 

 

暮らしも人もシンプルに幸せに

 

 

 

 

収納用品にこだわる方は、置くモノと置く量が決まってから、

 

サイズもきちんと測って、お好きな収納用品に揃えられたらいいかと思います。

 

もし、ガムテープなどもストックは1つでいいとなれば、今はいくつかありますが、

 

減って1つになれば、カゴも要らなくなりますね。

 

 

モノが減ると、収納用品も必要でなくなります。

 

シンプルにすっきりラクに暮らすには、減らす努力、減らす工夫をされてみてくださいね。

 

  こちらの収納を使いやすく整えていきます。        モノも少なく、タオルをきれいにたたむだけで、解決しそうですが・・・ ご家族用のタオルは、使いやすい位置へ、 普段使わないお客様用のタオルは上の方へ置きます。 タオルのバラバラ感は、いただきモノの ...
続きを読む

 

 

こちらの収納を使いやすく整えていきます。

 

 

 

 
暮らしも人もシンプルに幸せに

 

 

 

 

モノも少なく、タオルをきれいにたたむだけで、解決しそうですが・・・

 

ご家族用のタオルは、使いやすい位置へ、

 

普段使わないお客様用のタオルは上の方へ置きます。

 

タオルのバラバラ感は、いただきモノのタオルを使ってる場合はしょうがないですが、

 

ご自身で買われるときには、色を統一されると見た目ももっとすっきりしますね。

 

 

 

 

洗濯洗剤のストックは、向かいの洗面台側にもありましたから、棚の上にまとめ、

 

棚板を上げ、高さのある洗剤も置けるようにしました。

 

 

 

 

使用中の洗濯洗剤は、向かい側の洗面台の引出しに置かれていました。

 

横に手を伸ばせば、すぐに取れるほうが、ちょっとラクだと思うので、

 

洗濯機横に持ってきて、洗剤の下には、棚板が汚れないように、トレーを置いています。

 

毎日のことだから、ちょっとでもラクな方がいいですよね。

 

アフターです。

 

 

 

 

暮らしも人もシンプルに幸せに

 

 

 

 

ポイントは、タオルをきれいにたたむ。

 

使用頻度で置く場所を決める。

 

洗濯機の近くに洗剤を使いやすく置く。

 

洗濯洗剤のストックも、まとめて置き、ストック数がわかるようにしておく。

 

そうしたら、買いすぎ、買い忘れも防げますね。

 

ここの棚からあふれるほどのモノを持たないようにしたら、

 

いつもスッキリ、わかりやすい収納ですね。

 

 

  さっき、妹と電話で話していたら、   「最近、いろいろ買ってるね、大丈夫?」って言われました。 大丈夫?っていうのは、 私がいつも「モノが増えると片付かなくなりますよ」って言ってますからね。   確かに洋服やバッグや靴をたくさん買うと、グローゼットが ...
続きを読む

 

 

さっき、妹と電話で話していたら、

 

 

 

「最近、いろいろ買ってるね、大丈夫?」って言われました。

 

大丈夫?っていうのは、

 

私がいつも「モノが増えると片付かなくなりますよ」って言ってますからね。

 

 

 

確かに洋服やバッグや靴をたくさん買うと、グローゼットがぎゅうぎゅうになって、

 

出し入れがしにくい、洋服が重なり、変なシワができたりするでしょう。

 

下駄箱に入らなかったら、出たままになるでしょう。

 

 

 

洋服や靴などに限らず、どこの場所も、収納スペースに合う量を超えると、

 

そこの場所が乱れ始めます。

 

 

 

だからと言って、洋服や靴を買わない、

 

昔のモノをずっと着ているなんて、おしゃれを楽しめないですよね。

 

私は、気に入ったモノがあると、無駄使いしない程度に、モノを買います。

 

モノを買うってことは、やっぱり楽しいし、幸せ気分になります。

 

人生を幸せに楽しむためには、気に入ったモノを買うことも大事だと思っています。

 

 

 

買うと言っても、流行のあるモノだけです。

 

キッチン用品、生活用品は、気に入っている定番のモノを

 

ずっと変わらず増やさず使っているから、増えないし、乱れることもありません。

 

 

 

でも、素敵に年を重ねるためには、おしゃれに無頓着にはなりたくないから、

 

街をブラブラして、気に入ったモノがあれば買っています。

 

でも、シンプルに暮らしたいので、「一定量を超えないようにする!」

 

ということに気をつけています。

 

 

 

以前の家に比べたら、今の家はクローゼットが広くなった分、たくさん洋服を持てます。

 

でも、無限ではない・・・

 

使いやすいクローゼットにするための入る量は決まっています。

 

なので、洋服を買えば、着なくなっている洋服は手放します。

 

オークションで売ったり、あげたり、リサイクルショップに持って行ったり・・・

 

 

 

クローゼットの新陳代謝を行います。

 

いつまでも古い洋服を持ち続けない。

 

たまには、新しいモノを入れて、クローゼットをイキイキさせる。

 

整っているだけのクローゼットより、お気に入りの着たい洋服が並んでいるのが、私の理想です

 

 

 

気に入った洋服は買う、着なくなった洋服は手放す。

 

だから、クローゼットがいっぱいになることはありません。

 

下駄箱から、靴があふれることもありません。

 

 

 

今年、モノをよく買っているのは、入れ替え時期って感じですね。

 

少し前までは、買っていなかったから、

 

そろそろ古いモノと新しいモノを入れ替えたい心境です。

 

モノを増やしたくないと洋服を買わないより、

 

おしゃれを楽しむためには、昔の洋服は手放して、

 

今のおしゃれな洋服を着て、楽しみたいですね。

 

 

でもそんなに買っても、あれもこれも着れないし、

 

欲しいモノは揃ったので、あとは今クローゼットにあるモノを

 

いろいろコーディネートを考えながら、着回していきたいですね。

 

  家族の居場所・・・   お父さんは、仕事から帰って、ゆっくりテレビを観るリビングがきれいだと、  1日の疲れが取れ、家族のために、明日も頑張ろうと思うでしょうし、  お母さんは、キッチンがきれいで、使いやすく整っていると、  家族のために作る料理も楽 ...
続きを読む

 

 

家族の居場所・・・

 

 

 

お父さんは、仕事から帰って、ゆっくりテレビを観るリビングがきれいだと、

 

 

1日の疲れが取れ、家族のために、明日も頑張ろうと思うでしょうし、

 

 

お母さんは、キッチンがきれいで、使いやすく整っていると、

 

 

家族のために作る料理も楽しく、早くできるでしょうし、

 

 

お子様は、リビングもそうですが、自分のお部屋がきれいで居心地よかったら、

 

 

自分のお部屋が大好きになるでしょうし、大好きなお部屋だったら、

 

 

勉強も頑張れるかもしれないし、何をするのにも楽しいと思います。

 

 

 

 

 

家族それぞれ、家での居場所ってありますが、

 

そこが快適だと、幸せを感じ、笑顔の絶えない、毎日を過ごせることでしょう。

 

 

 

 

 

 

今日は、お子様の居場所、「子供部屋」のビフォーアフターです。

 

こちらの記事 の続きになりますが、

 

 

ビフォーは、広いお部屋に、いろんなモノが置かれ、さみしい、落ち着かない・・・

 

 

なので、自分の部屋で寝たくない、勉強したくない、快適ではなかったようですね。

 

ですので、広いお部屋は、将来的に双子の弟さんのお部屋にすることにし、

 

 

階段上がってすぐのこちらのお部屋をお姉ちゃんのお部屋にすることにしました。

 

 

 

 

 

暮らしも人もシンプルに幸せに

 

 

 

 

 

 

暮らしも人もシンプルに幸せに

 

 

 

おひとりなら、このくらいの広さがちょうどいいですね。

 

 

 

家やお部屋は広ければいいものでもありません。

 

 

居心地のよい、落ち着ける広さってあるように思います。

 

 

 

 

 

アフターです。

 

お子様も嬉しそうに、ポスターを貼りかえ、

 

 

お部屋の入り口には、ポストを作って飾っていました。

 

 

 

 

 

暮らしも人もシンプルに幸せに

 

 

 

 

 

暮らしも人もシンプルに幸せに

 

 

 

棚はまだガラガラですが、これから大きくなると、いろんなモノが増えるでしょうし、

 

 

 

いろいろ飾られたらいいですね。

 

 

イケアのボックスをご用意しましたが、薄いピンクのマスキングテープで、

 

 

入ってるモノを書かれたらいいですね!とお母様にお伝えしています。

 

 

ここからは、お子様が好きに作りあげられたらいいですね。

 

そして、乱れてくるようなことがあれば、お子様が小さいうちは、

 

一緒に整理整頓をされ、モノを増やし過ぎない、きれいに置く習慣がつけば、

 

これから先、お部屋が散らかる、片付かないと困ることはないでしょう。

 

 

 

 

暮らしも人もシンプルに幸せに

 

 

 

前のお部屋はカーテンがブルーでした。

 

 

 

 

 

 

暮らしも人もシンプルに幸せに

 

 

 

新しいお部屋のカーテンはピンクでしたので、全体がかわいく仕上がりますね。

 

 

 

カーテンひとつ違っても、居心地が違うと思います。

 

 

このお部屋は、隠せる収納スペースがなかったから、

 

 

1階和室の押し入れの空いてるケースを使わせていただき、ベッド下を利用し、

 

 

学校のモノ、大好きなカバン、遊び道具などをしまっています。

 

ケースの中が見えるから、皆さんがよくしていらっしゃるように、

 

 

中に紙をはせればいいですね!とお伝えしています。

 

 

 

 

 

気に入って遊んでいらっしゃるおもちゃは、移動式のワゴンに置き、

 

お友達と遊ばれたりするときには、このように出せますから便利ですね。

 

 

 

 

 

暮らしも人もシンプルに幸せに

 

 

 

あとは、ラグカーペットを敷かれたら、床で楽しく遊べそうですね。

 

 

 

机も少し小さいので、大きいモノを買ってあげられるそうです。

 

 

お洋服は普段着るモノは、すぐに取れるように突っ張り棒をつけましたから、

 

そこを利用し、このあと洋服ケースを1階から持ってきましたから、

 

たたむモノはそこに入れ、このお部屋の隣にクローゼットがありますから、

 

普段着ないモノは、そこに置かれるようにしました。

 

 

 

どんどんお部屋が快適になって、お部屋が大好きになりそうですね。

 

 

昨日いただいたメールにも

 

 

『娘が「やっぱりあの部屋落ち着くよ」と言いました』と書かれていました。

 

 

今までは、下で勉強をし、下にランドセルも置き、下で寝られて、

 

 

ご自分のお部屋に行かれていませんでしたが、

 

 

これから、少しずつでも自分のお部屋にいる時間が長くなり、

 

 

このお部屋で、お勉強ができ、おひとりで寝られるようになられたらいいですね。

 

 

でも、まだ三年生だから、少しずつ変えていかれたらいいでしょうね。

 

 

 

ご家族の居場所を快適にしてあげてくださいね!