シンプルに片付ける!素敵でラクに暮らせる部屋づくり

広島の整理収納アドバイザーのakikoです。全国のお客様に作業や電話で整理収納のアドバイスをしています。ビフォーアフターを多数掲載。ラクに暮らすための整理収納の仕方、暮らし方、考え方をお伝えしています。

2012年08月

 昨日、読者登録をしてくださいました方が、  「我が家にあったいらないもの」 という記事を書いてくださってました。  要らないモノを手放すまでの想いや保冷材の役立つ活用法なども書かれてあります。 いろいろ参考になりました。ありがとうございます。   この方 ...
続きを読む

 

昨日、読者登録をしてくださいました方が、

 

 

「我が家にあったいらないもの」 という記事を書いてくださってました。

 

 

要らないモノを手放すまでの想いや保冷材の役立つ活用法なども書かれてあります。

 

いろいろ参考になりました。ありがとうございます。

 

 

 

この方のお家にもいただきモノなど、使う予定のないモノがあったようです。

 

モノを手放すときに、この方が思われたように、

 

 

自分の好きなモノは何か

 

 

自分はどのような暮らしをして、どのようなモノを持ちたいか

 

 

だから、これは要る! だからこれは要らない!

 

 

このように自分の思いを整理しながら、モノの整理を進めていくと、

 

 

要る、要らないがはっきりして、手放しやすくなると思います

 

 

 

 

自分のこれから、分の人生にとって、何が必要か、必要でないかはっきりわからなければ、

 

手放していいのか、とっておいたほうがいいのか分からず迷うと思います。

 

 

 

 

要らないモノでもなかなか捨てられないという方は、

 

モノの整理の前に、自分のこれからをいろいろ考えてみられたらいいですね。

 

 

これからどんな事をしていきたいのか、どんな暮らしがしたいのか、

 

 

自分と家族が幸せに過ごしていくためには何がないといけないのか

 

 

その為に必要なモノは何か、必要でないモノは何か。

 

 

 

 

 

モノはずっとしまい込んでおくものではありません。

 

モノは使ってこそ価値のあるモノです。

 

 

お金もそうです。

 

 

大金持ちもいくらお金があっても使わないと、ただの紙切れを持っているのと一緒です。

 

 

使ってこそ、人生を豊かに幸せにするのだと思います。

 

 

 

 

あなたやあなたのご家族が

 

人生を快適に豊かに幸せになるために必要なモノさえあればいいんですからね。

 

要らないモノを持っていると、幸せな人生のはずが幸せでなくなりますからね。

 

 

メールでお片付けを進めているお客様から、今朝このようなメールがありました。「洋服は、好きなもの、わくわくするものという視点で残した方がいいと思いながら、つい、まだ着るかも・・・という視点で見てしまいます。難しいですね。」と書かれてありました。 ほんと難し ...
続きを読む


メールでお片付けを進めているお客様から、今朝このようなメールがありました。


「洋服は、好きなもの、わくわくするものという視点で残した方がいいと思いながら、


つい、まだ着るかも・・・という視点で見てしまいます。難しいですね。」


と書かれてありました。 ほんと難しいと思います。




片付けるなかで、一番難しいのが「整理」です


本当に要らないモノは、捨てれるんですね。


使ってないし、着てないし・・・


だけど高かったし、使うかもしれないし、着るかもしれないし・・・


そうやって迷い、捨てることができない・・・


潔く捨てられたら、お部屋が片付くのはわかっているけど、


やっぱり、なかなか捨てられないんですね。



私のクローゼットの中にも、何年も着ていない、そんなにときめく服ではないんだけど、


今着てる服がボロになったら着ようと思って残しているモノがあります。


また買うのはもったいないですからね。でもボロくならないから、ずっとある・・・


皆さんもいろんな思いがあるから、捨てられない洋服ってあると思います。




ではどうすればいいか。


迷うなら捨てる必要はないということですね。


迷うということは、まだ「捨てたくない」という気持ちがあるから、


その思いを残して、捨てなくてもいいと思います。


いつか、「もういっか」って気持ちも整理できたら、処分されたらいいと思います。



でもですね、そんな迷う服が山のようにあり、クローゼットからあふれて、


入れるところもなければ、それは話が別ですね。


あくまでも、しまう場所があるなら、取っておけばいいけど、


片付かなくなっているのに、取っておきたいと思われるなら、


快適に暮らせる家をあきらめるしかないですね。



捨てられないモノを持ちすぎて片付かない家を選ぶか、


家族が快適に暮らせ、片付きやすい家を選ぶか、自分で選んでいいんです。



私もそうですし、お客様にお伝えしていることは、


クローゼット、洋服タンスに入る量は持たれていいですよ。ってことですね。


それらに収まるのでしたら、捨てずに持っておかれたらいいと思います。


そこからあふれてきたら、着ない服に順番でも決めて、


上位のほうは残して、最下位のほうを順番に処分され、


一定量を保たれたらいいんじゃないですかね。



しまう場所があるなら持っておかれて、しまう場所がないなら手放すしかないですよね。


家が片付かない原因は、「しまう場所がないのに捨てられないこと」ですね。





ランキングに参加していますので、2つ押していただけると、とっても嬉しいです。

                   

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ  
 にほんブログ村     インテリア(掃除・収納) ブログランキングへ


ありがとうございました(^-^)



私のおすすめ品の記事 

【家計管理をラクにし、お得なカードを使っています】

【大切な洋服を汗から守ります】

【ハンガーを変えて、下の空間を広くしました】

【使い心地最高なオールシーズン万能グラス】




 昨日から広島も大雨が降っています。  先ほどテレビを観ると、他県では人がお腹まで水に浸かっていたり、  車も浸かってたり、家も床上浸水、床下浸水、大雨による被害がすごくて  とてもお気の毒だと思います。    地震、大雨、突風など、いろんな自然災害が多 ...
続きを読む

 

昨日から広島も大雨が降っています。

 

 

先ほどテレビを観ると、他県では人がお腹まで水に浸かっていたり、

 

 

車も浸かってたり、家も床上浸水、床下浸水、大雨による被害がすごくて

 

 

とてもお気の毒だと思います。

 

 

 

 

地震、大雨、突風など、いろんな自然災害が多くなったような気がします。

 

でもこれだけは防げないし、どうしようもないことですよね。

 

 

私たちにできることは、災害が起こったあと、

 

 

大変な思いを少しでも減らすことができればいいですね。

 

 

 

 

何が大変かって、それは後片づけですよね

 

地震はモノが倒れたり、割れたり、

 

 

床上浸水になると、汚れたモノの処分、掃除、

 

 

これらは、モノが多ければ多いほど、あとの片付けがとても大変だと思います。

 

 

 

 

 

「明日は我が身」ではありませんが、他人事と考えないで、

 

今、地震などが起これば、自分の家はどうなるのか。

 

 

いろんな備えも大事ですが、そういうことを考えられ、

 

 

置かなくていいモノは、置いておかない

 

 

なるべく片付けるモノを少なく、拭き掃除するモノを少なく、

 

 

そうやって後片づけがラクなようにしておけば、

 

 

もしなにか起こっても、気はラクかと思います。

 

 

 

 

 

今のことしか考えないのではなく、災害もそうですが、

 

自分になにかあった時のことなど、いろんな事を考えておかれ、

 

 

モノを持ちすぎないとか、モノの位置をきちんとしておくとか、

 

 

いろんな備えをしておけば、いざというときに慌てない、困らないと思います。

 

 

なにかは起こってほしくないけど、もしなにか起こったら、

 

 

今の家の状態で大丈夫なのか、考えられることは大切なことだと思います。